吉田孝行参加のオムニバス映画『エイジ・オブ・ブライト』がフィリピンの映画祭シネマ・リヒヨンで上映されます!
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

吉田孝行参加のオムニバス映画『エイジ・オブ・ブライト』がフィリピンの映画祭シネマ・リヒヨンで上映されます!

吉田孝行

アジア各地の映画作家が参加して制作されたオムニバス映画『エイジ・オブ・ブライト』が、3/26(金)〜3/31(水)にフィリピンで開催される映画祭シネマ・リヒヨン(Cinema Rehiyon)で上映されます。私もこの作品に日本から唯一の作家として参加しております。
https://www.facebook.com/cinemarehiyonofficial

画像3

本作は、フィリピンを中心にアジアの作家12名がコロナ禍の日々をテーマに撮り下ろした作品で、フィリピンのサラミンダナオ・アジアン映画祭が制作しました。
https://www.newduriancinema.com/2020/08/salamindanaw-unveils-2020-plans.html
https://www.newduriancinema.com/2021/03/age-of-blight-scenes-from-asia-under.html
https://www.facebook.com/SalaMindanaw

コロナ禍におけるインディペンデント映画の制作とアート映画の未来を再考し、アジアの映画作家達のネットワークを深めることを目的として制作されました。私は2016年にサラミンダナオ・アジアン映画祭に参加して以来、現地の映画関係者と親交を深めてきましたが、本作には、フィリピンを中心に、日本、インドネシア、シンガポール、タイ、ブルネイなど、アジア各地の作家が参加しており、作家同士がオンラインでミーティングを重ねながら制作を進めました。フィリピンのジョン・トレスやインドネシアのダニエル・ルディ・ハリヤントなど、恵比寿映像祭や山形国際ドキュメンタリー映画祭で来日経験のある作家も参加しています。

画像1

画像2

【吉田孝行プロフィール】
1972年北海道生まれ。映画美学校で映画制作を学ぶ。映画とアートを横断する映像作品を制作、これまで30か国以上の映画祭や展覧会で作品を発表している。近作『ぽんぽこマウンテン』(2016)が、20か国以上の映画祭に選出されている。イラク北部クルド自治区で開催されたスレイマニヤ国際映画祭2017で審査員を務める。近作『タッチストーン』(2017)が、ジョグジャカルタ国際ドキュメンタリー映画祭、パルヌ国際映画祭、イスタンブール国際実験映画祭など、10か国以上の映画祭に選出されている。近作『モエレの春』(2019)が、インドのコルカタ国際映画祭、近作『アルテの夏』(2019)が、イタリアのラチェノドーロ国際映画祭などに選出されている。共著に『アメリカン・アヴァンガルド・ムーヴィ』(森話社 2016)、『躍動する東南アジア映画』(論創社 2019)など。

【Blog】https://note.mu/yoshidafilms
【Twitter】https://twitter.com/yoshidafilms
【Facebook】https://www.facebook.com/yoshidafilms
【Instagram】https://www.instagram.com/yoshidafilms/

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
吉田孝行
映像作家。これまでウクライナを含む世界30か国以上の映画祭や展覧会で作品を発表している。近作に『ぽんぽこマウンテン』『タッチストーン』『エイジ・オブ・ブライト』『ある日のアルテ』『ある日のモエレ』など。共著に『アメリカン・アヴァンガルド・ムーヴィ』(森話社)など。