いろいろおかしいマイナンバーカード
見出し画像

いろいろおかしいマイナンバーカード

新内閣が発足してデジタル化推進が叫ばれる中、その中心的政策であり、普及に向けて大量の税金が投入されているマイナンバーカード。でも、いろいろおかしくない?

「マイナンバー」と「マイナンバーカード」は別物です。マイナンバーは国民の出席番号みたいなもので、ない方が不便だと思います。でも、それを使うために、新しくプラスチックのカードを全国民に発行して持たせる必要がありますか?

私の知識不足・勘違いもあるかもしれませんが、おかしいと思うところを列挙してみます。これを機に議論が活性化することを期待しています。

-- 

・そもそもマイナンバーカードの目的がよくわからない。身分証明のためなら運転免許証や健康保険証でよくね?そもそも何が問題なの?

・カードに書かれたマイナンバーが漏れるとまずいらしい。漏れるとまずいのに印刷するの?みんなで便利に使うための番号じゃないの?

・カードには、名前や住所や顔写真など他の個人情報もプリントされる。落としたら個人情報がダダ漏れ。デジタル化する気ある?

・だから、付属のビニールのカードケースを使って個人情報を目隠しする。仕様としておかしすぎない?誰かツッコんでくれなかったの?

・でも、そのカードケースだとQRコードが見えるので、読み込めばマイナンバーが漏れる。お、おい!

・費用がかかり過ぎ。もう一兆円くらい使ってない? → その後、8,800億円使っていることが明らかに。「マイナンバー8800億円投入 菅首相、費用対効果「悪過ぎる」:時事ドットコム

・一兆円を無駄にした住基ネットの失敗が活かされてない。学ぶ気ある?

・マイナンバーシステムの管理項目が、住民記録システム(住民票)や戸籍システムとかぶっている。いい機会だから統合して効率化しようって話にならなかったの?それとも無駄が好きなの?

・ということは、日本の貴重なIT人材が、このおかしなシステムの開発に大量投入されている。日本のIT化の未来は暗い...

・4種類のパスワード(「利用者証明用パスワード」「署名用パスワード」「券面事項入力補助用パスワード」「個人番号カード用(住民基本台帳用)パスワード」)を目的に応じて使い分ける。それ、忘れる人が続出するよ。パスワードの再設定という新たな職務を創出したいの?

・生体認証を使えない。やっぱり4種類のパスワードを覚えるしかないのかー。仕方ないからメモに書いてマイナンバーカードと一緒に持ち運ぶか...あれ?

・利便性が低い。マイナンバーカードを使って給付金を申し込むと、自治体職員を激務に追い込み、もらえるのが遅くなるという逆利便性。もはや日本の生産性を下げるのが目的としか思えない。

・普及してない。そりゃそうなるよね。一回、落ち着いて反省した方がいいと思うよ。

・にもかかわらず、自民党はさらに大量の税金をぶっこんで普及に躍起になっている。これ、やめられなくなった負け戦に似てない?後で責任取るつもりないよね。

・マイナンバーカードを持っている人は、引っ越しして転出・転入手続きをするときに暗証番号が必要になる。つまり、覚える自信がない人は持っていない方が無難ということですね。

・海外に転出したら返納。えっ、返す必要あるの?

・引っ越しをして住所記入欄が一杯になったら再発行。どんなデジタル?

・マイナンバーは目的外で利用すると違法。ごめん、マイナンバーを活用して欲しいと思ってる?

・マイナンバーカードに運転免許や健康保険証を集約しようとしている。返納や再発行が必要で目的外利用禁止のカードに集約するだと?生活できなくなるぞ!

・有効期限は自分で手書き。もう意味不明。

・自治体に業務の負荷をかけ過ぎ。発行・再発行だけでも大きな負荷。でもって、月数百万枚しか発行できないそうよ。自治体職員を殺す気?

・カードの電子証明書は5年に一度、更新しないといけない。全国民にこの作業をさせるの?自治体の業務負荷は?

-- 

どのような経緯があってこうなったかはわかりませんが、止めるなら早いほうが傷は浅いでしょう。日本は「デジタル敗戦国」と呼ばれるようになりましたが、負け戦から撤退できないから、加速度的にダメージが大きくなるのだと思います。

少なくとも、一度落ち着いて考え直してみませんか。この国で快適に暮らすための大事な社会インフラですので、ぜひオープンに議論を続けていければと思います。

内容につきまして、変更や追記のご希望があれば、Twitterで@aonoに送っていただけましたら幸いです。しかしながら、すべてのご希望を反映できるわけではないことを予めご了承くださいませ。

それでは、そろそろ落ち着いて、いい議論をしましょう!


※(2021/11/26)そこに新たなニュースが...

※(2021/11/26)電子証明書の更新と1兆8000億円の予算計上案を追記しました。マイナンバーとマイナンバーカードの違いを追記しました。

※(2021/06/22)マイナンバーにかかっている費用の記事を追記しました。

※(2020/09/21)転入・転出のところを追記しました。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!
サイボウズの社長。3児の父。著書「チームのことだけ、考えた。」「会社というモンスターが、僕たちを不幸にしているのかもしれない」