yosh
東京大学らは化学産業は化石原料への依存をやめ循環的でGHG排出の低い事業モデルを採用し、地球環境に貢献する存在にならなければならない。対策を講じなければ、化学産業は風評リスクや規制リスクに直面、社会的に事業継続が許されなくなる。https://www.u-tokyo.ac.jp/focus/ja/press/z2101_00093.html
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!