見出し画像

フリーランスとして心を平穏に保つ最近の工夫

プログラマとしてフリーランスになり6年が経ちました。

自分の悩みとして、少しでも手持ち無沙汰になると、稼ぐ機会を損失しているのではないか焦ってしまうという課題がありました。

それに対する対策を考えて、ある程度は上手く機能しているので書いてみます。

まず、収入が無くても生活が破綻しないためのクッション資金は欲しいと思います。貯金でも株でも、仮想通貨でもいいと思うのですが現金にしやすいものを保有しておくと良いかと思います。

フリーランスとして独立する場合もそのようなクッションを持っておいた方が良さそうです。このクッションが心の余裕と、もしもの時の生活的安全を支えます。

次に、永遠に働き続けてしまわないように、1ヶ月に稼ぐ金額を決めます。

この金額を決めるためには、現在と将来的にどのような生き方がしたいか考えます。

自分の望むライフスタイルが家賃30万じゃないと実現しないとすれば、とりあえず概算3倍して手取り90万を目指すとかですね。

逆に、色々な条件を調整して家賃10万から3倍で30万にすると、少し余裕が出ますね。金額は結構なんでもいいので、自分が必要なお金を概算して決めましょう。

これを1ヶ月に稼働したい日数で割ります。
なお毎月平均して入ってくる売り上げは、ベースから予め引いておきます。

この金額が達成された日は
自分を許し自由にそれ以降の時間を過ごします。

さて、この金額を達成できなかった時はどうするか。
翌日に持ち越すか、稼ぎすぎてしまった前日から借りてくる…がいいかな。

または、私物をメルカリかラクマに出品する事で埋めます。
使ってない他の人に譲るべき品物は多分何かあると思います。
本当に大事なものに手を出さないといけない時は、全体の計画が高すぎたのかもしれませんから一度見直しましょう。

出来た余裕で、新しいことを学んだり、もっと健康になれたり、自分の周りの関係性に目を向けられるかもしれません。

こういう工夫がめんどくさいなぁーと思う時は、1秒も無駄にせず黙々と稼ぎまくればいいんだと思います。

ただ、少し全体を振り返って最適化しようかなと思う時が来たらよかったら一度お試しください。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
米本剛士

サポート頂けたらめっちゃ喜びます!

サンキュー😭
6
徳島出身・東京在住の起業経験ありのソフトウエアエンジニアです。iOS & Firebase & React.jsがマイブームです。フリーランスプログラマとしてお仕事しつつMENTAでプログラミングのメンター(先生)をしています。