見出し画像

条件の1つを緩めに考えてみる

物件を見るときにまずチェックする項目として、この3つがあると思います。
利回り
築年
駅徒歩

 今、この3つの条件を満たすのが難しいのなら、そのうちの1つを緩めに考え、
なおかつキャッシュフローを維持できそうな物件はないのか?

まずは、利回りを緩めにみて、考えてみましょう。

実際のところ、利回り何%ならキャッシュフローが出るのでしょう?

融資期間35年、自己資金5%を固定して考えると、それぞれの利回り借入金利に対する返済比率は上記表のとおりになります。

借入金利1.9%で利回り7%の物件を購入したら、返済比率は53.12%です。
もしあなたが、返済比率を55%に抑えたいと考えているならば、借入金利1.9%で借りられるのなら、利回り7%でもキャッシュフローは維持できそうです。

では、この条件で融資を受けられるのなら、利回り7%の物件でもいいのでしょうか?

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!