写真と散歩8/?
見出し画像

写真と散歩8/?

ヨーヘイゴキタ

結構前に行ったイサム・ノグチ展。
(平日昼間の人が少ない時間に美術館に行けるのは個人事業主になってよかったところ)

22歳とかそこらに北海道に一人旅した時にであったモエレ沼公園が好きになってからずっとファン。当時はアンビエントミュージックばっかり聞いていたからそういうものからの影響が大きかったんだろう。


イサム・ノグチのイメージは作品単体で見るよりも空間の一部にあることが前提な気がしたから外とかでもみたいな、と感じたり、ただ、単体としてじっくり見るのもいいなと感じたり。

画像1


画像2

画像6

画像3

画像4


画像5


イサム・ノグチ展もよかったんだけれど、同時に企画されていたwalls&bridgesというのもよかった。

画像8


画像9

日常のふとした風景などにフォーカスを当てた作品が多くて、中でも60歳からカメラを始めた日本人の女性の作品が良かった。

画像7


表現者としてというより記録者としてとった写真はこれからダムに沈んでしまう村とそこに住んでいる人の風景を撮りためたもの、そしてずっとそばにあった一本の木への想いを綴った手記に不覚にも涙してしまった。

画像10

そのほかにも神秘的な作品も多くあってビビッときて偶然入った企画展だったけれど、よかった。カメラの設定も普段とは違う設定にしてみて見え方が違う写真が撮れたし。セレンディピティ。

画像14

画像11

画像12



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ヨーヘイゴキタ
小学校の教員をしているヨーヘイゴキタです。 このnoteでは教育のこと、教育を取り巻くいろいろなこと、ちょっと趣味のことを書いていきます。 どうぞよろしくお願いします。