妊娠・出産に新たな給付金が出ます!

みなさん、こんにちは。
渋谷区議会議員の森田ゆきです。

妊婦・子育て家庭が安心して出産・子育てできるように、妊娠時に妊婦一人当たりに5万円、出産時に子ども1人当たり5万円の経済的支援を行う出産・子育て応援事業がスタートします。

令和4年第4回定例会での報告では、
12月中旬に国からの説明を受け、クーポンまたは現金による支給方法が決定するようです。

支給対象者は以下の通りです。
(1)出産応援金(妊娠届時)5万円
令和4年4月ー12月までに「出生届」を提出されている方。
令和4年4月ー12月までに「妊娠届」を提出されている方。
令和5年1月ー3月までに「妊娠届のみ」を提出される方。

(2)子育て応援金(出産時)5万円
令和4年4月ー12月までに「出生届」を提出されている方。
令和5年1月ー3月までに「出生届」を提出される方。

■開始時期
令和5年1月以降
__________________________________________

現金なのか?クーポンなのか?気になるところですね。
私も2児の母ですが、私が出産した頃に比べて、東京都や渋谷区からの応援金制度も増えているなぁーと感じます。
しかしながら、出産費用も上がっている!!
実際、出産費用ってどのぐらいかかるのでしょうか?

<日本赤十字医療センター> 

https://www.med.jrc.or.jp/visit/tabid/325/Default.aspx 
※HPより引用

分娩ごとの概算額
■自然分娩
初産婦(産後6日目退院):730,000円~
経産婦(産後5日目退院):690,000円~
※産後とは、分娩翌日を1日目とします。
■帝王切開分娩
初産婦・経産婦(産後7日目退院):690,000円~

ハイリスク対象の場合、下記の金額となります。

■自然分娩
初産婦(産後6日目退院):800,000円
経産婦(産後5日目退院):750,000円
■帝王切開分娩
初産婦・経産婦(産後7日目退院):770,000円~

__________________________________________

妊娠・出産するとどんな給付金があるのか??


※対象は、令和5年3月末までを想定し算出しています。


(渋谷区の国保加入者の場合)
▼出産育児一時金 42万円
国民健康保険加入者が出産したとき、世帯主に出産育児一時金、42万円が支給されます。妊娠12週を超えて(85日以上)の死産・流産(医師の証明が必要)も支給されます。

▼ハッピーマザー助成金 10万円
妊娠12週を超えて(85日以上)出産し、出産日の3か月前から申請日現在まで継続して区内に住民登録があり、健康保険に加入している人
(注)妊娠12週を超えた(85日以上)流産・死産の場合も含む

▼東京都赤ちゃんファースト 10万円ギフトカード
コロナ禍の中で子どもを産み、育てる家庭を応援・後押しするための出産応援事業「赤ちゃんファースト」は、専用のウェブサイトから申し込みを行った対象者に、希望する育児用品や子育て支援サービスなど、新生児1人当たり10万円相当を提供しています。

▼渋谷区育児パッケージの贈呈(妊娠後)
肌着や爪切りなど出産後必要な育児用品を渋谷区からのお祝いを込めてお贈りします。
平成31年4月1日以降に妊娠届を提出し、妊娠16週~32週目に保健師との面接をした妊婦さんで、妊娠33週目に渋谷区に住民登録のある方が対象です。

コロナ禍による妊娠・出産を経験された皆様は、感染防止、出産の立ち会いができない等、孤独感を感じたことも多かったと思います。
どうか上記の制度をご覧の上、漏れのないように各申請手続きを速やかに行なってください。
最後までご覧いただきありがとうございました✨
今後も渋谷区政の最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!