見出し画像

🌝ナイショの声明🌝

Scroll down for the English text.⬇︎⬇︎

今まで言わずにいたのですが、私は障害者です。
7年前に急性の脊髄の病気を患ってから四肢に障害があります。
主に両上肢の障害が重く、利き手の右手は完全に使い物になりませんし、辛うじて動く左手も握る開く程度の簡単な動きしかできないので、絵もデジタルでしか描けません。
下肢にも障害があるので、写真を撮る時以外は基本的に車椅子に乗ってます。
今まで告白しなかった理由は、私が障害というアイデンティティに身を投じる気が更々無かったという事と、単純に障害に喰われるのをクソビビリな私は本能的に恐れたからです。
今更になってこんな事を告白した理由は、理性を持って逆に障害を喰う覚悟が出来きたからです。多分。
その覚悟をさせてくれたのは、今まで培ってきた知識と経験、そして今回始めるYNATT ZEROというNFTプロジェクトです。

正直NFTを最初に知った2021年時は、さほど興味を抱きませんでした。
そんな私がNFTに興味を持ち始めたのは、自身の回りで起こる、パクリパクられ問題、使いたいのに使えない理不尽な著作権の問題、読みたいのに読めない、見たいのに見れない、使いたいのに使えない、聴きたいのに聴けない…雁字から目の規制や揚げ足取りの数々、大体これって制作者を守ってんのか奪ってんのか縛ってんのか訳わかんなくなってんなという状況に辟易してた頃でした。

そんな時、CC0という概念が私の元に舞い降りてきて「ねぇ私はあなたの煩わしさ解決してあげられるよ」と悪戯に微笑みかけてきました。
CC0を知ってからは、もぅ夢中でした。
なんて最高なんだ!インターネットってこういうもんだよな…知財はやっぱこうじゃなきゃな!
私が作る作品はもぅ全部CC0でいいじゃないかと浮き足だっていましたが(えっ…でも、自分が作ったものだっていう証明みたいなもんは欲しいよな…)と自己承認欲求の塊である私は思い直したと同時に頭を抱えました。
そんな時2人目の天使、ブロックチェーンが舞い降りてきて「私を使えばあんたの悩みもその膨らみに膨らんだ欲求も解決するんじゃないの?」とシニカルに笑いかけてきました。
そこからはCC0の時同様、単純な私はブロックチェーンに夢中になりました。
そうすると、2021年にニヒルに切り捨てたNFTの存在が気になって、気になって…そして気付いたら夢中になってました。
彼女たちの事を知れば知る程、魅了され居ても立っても居られなくなりある一定の確信と希望、測定不能の悪戯な興奮を元に私はYNATT ZEROプロジェクトの発足を決めました。
YNATT ZEROはCC0の可愛い女の子の9999体からなるジェネラティブプロジェクトです。

2次創作は勿論!コラボレーションの自由、商用利用も自由です。

というか、私の子供達の育て方は皆さんの裁量に任せます。

なぜなら私達人間ひとりひとりが様々な外的要因や環境によって動かさせれてるのと同じように、コントロールをしない事こそが作品が自らの意思を持つ唯一の方法だと思うからです。
私1人の力じゃ作品に意思持たせられないんです。
だからいっぱい使って、色んな物語を紡いで欲しいです。
私もみんなと一緒に物語を紡いでいきたいです。
勿論、親ですので見守り続けますし、応援もします。
なんたってめちゃ可愛いですからね。

そして最初に戻るのですが、私が障害を告白した理由は、みんなとこの子達を育てていくにあたって親の私が誰か分からない状態って不誠実じゃないかな?と思ったのと同時に私の意気込みをちょっとでも感じてもらえたらなと思ったからです。

そんなこんなで、私の声明と告白終わります。

「私たちは生まれた、常識を殺すため。」

yl_lna

イェイ✌️
Yeah✌️

I have never told you this before, but I am handicapped; I have been disabled in all four limbs since I had an acute spinal cord illness seven years ago. I have severe disabilities mainly in both upper limbs. My dominant right hand is completely useless, and my left hand, which barely moves, can only perform simple movements such as grasping and opening, so I can only draw digitally.
I am also handicapped in my lower limbs, so I am basically in a wheelchair except when taking pictures.
The reason I have not confessed until now is that I had no intention to throw myself into the identity of my disability, and I was instinctively afraid that I would be eaten up by my disability.
The reason I confess this now is because I'm ready to eat my disability backwards with reason. Maybe.
What made me ready for this is the knowledge and experience I have accumulated so far, and the NFT project called YNATT ZERO that I am starting this time.

To be honest, when I first learned about NFT in 2021, I was not so interested in it.
What made me interested in NFT was the problems of being taken for granted, the unreasonable copyright issues, the inability to read what I want to read, to see what I want to see, to use what I want to use, to listen to what I want to listen to....... I was fed up with the situation where I had no idea whether I was protecting the creators, depriving them, or tying them up.
At that time, the concept of CC0 came down to me and smiled mischievously, saying, "Hey, I can solve your problems.
Once I learned about CC0, I was hooked.
How awesome! This is what the Internet is all about... intellectual property should be like this!
I was so excited that all my works should be CC0 (but I wanted some kind of proof that I had created them...), but then, being the self-confident person that I am, I thought better of it and at the same time, I was in a headache.
Then the second angel, Blockchain, descended upon me and said, "If you use me, won't that solve all your problems and your swelling desires?" He laughed at me cynically.
From there, as with CC0, simpleton that I was, I was hooked on blockchain.
Then I became curious about the NFTs that I had nihilistically truncated in 2021...and then I realized I was hooked.
The more I learned about them, the more fascinated I became, and with a certain amount of certainty, hope, and unmeasurable mischievous excitement, I decided to launch the YNATT ZERO project.
YNATT ZERO is a generative project of cute girls from CC0.
Secondary works, of course! Collaboration is free, and commercial use is also free.
Or rather, I leave it to your discretion how to raise my children.
Because just as each one of us is driven by various external factors and the environment, I believe that the only way for a work to have its own will is to not control it. I alone cannot make a work have its own will.
So, I want you to use it a lot and weave various stories.
I want to weave stories together with everyone.
Of course, I am a parent, so I will continue to watch over them and support them.
After all, they are so cute.

The reason I confessed my disability was because I thought that it would be dishonest not to know who I am as a parent when raising these children with everyone else. At the same time, I hoped that they would feel my enthusiasm, if only a little.

Thus ends my statement and confession.

We were born to kill common sense."

yl_lna

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!