新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

個展"I Found You"に寄せて

八頭こほり

生きていくことは痛みを伴う。
痛みとの関わり方は、逃れられない命題である。

肉体的な痛み、精神的な痛み、目に見える痛み、目には見えない痛み、その時だけの痛み、後からジワジワと心身を苛む痛み、痛いと気付いていない痛み、色々な痛みが私の中にある。

幼い頃、私はそれが痛みだと気付いていなかった。
なので、痛いと声を上げることも、痛みをどうにかしようと行動することもなく、人が水中で自然に息を止めるようにして、痛みと向き合うことなくただ時間を過ごした。

しかし、澱のように積もる痛みは、私の成長とともに歪みとなって表れ、ついにそれと相対せざるを得なくなった。

痛みを消し去ろうと更に自分を苛めたこともあったし、痛みから逃げようと自棄になることもあったが、一度生まれた痛みは癒えることなく私の中に燻り続けている。


絵を描くことは自分自身の心を見つめるのと同じことだ。私はずっと自分の痛みを描いてきたのだと思う。

自分の絵を描き始めた頃、痛みから生まれた苛烈な感情を画面に託した。
自分の鏡となったそれらの絵は、暗い色調で、描かれた人物の瞳は観る人をねめつけ、暗い心を宿していた。

そういうわけなので、少し前までは、今よりだいぶん独りよがりの、自己治療的な絵を描いていたように思う。それに同調してくれる人が一人でもいればよい、とぶっきらぼうに考えていた。

そうして自分のことばかり考えて続けていたら、新型コロナのパンデミックが起きた。
大ステイホーム時代の幕開けである。

それまで自分の中の痛みとずっと向き合ってきた私は、コロナ禍をきっかけに、じょじょに他者の内面を気にするようになった。

それまで私は、痛くて苦しくて、誰か早くなんとかしてくれ、私を見てくれ、助けてくれ、と独りよがりに喚いていたが、周りを見ると、同じように他の人たちも痛みを抱えつつ、彼らの人生を歩んでいるのだ。
さも痛くないように振る舞いながら。

みんな本当は痛かったんだ、と気付いた時、なぜだか自分の中の痛みをすんなりと受け入れることが出来た。

かつて描いてきた、相手をねめつけるような苛烈な瞳は、今やそうではない。

痛みを抱えた、かつての私を見つけた瞳だ。
その痛みを受け入れ、痛みとともに伴走する瞳だ。

そういう瞳をした人を、私の愛する風景のイメージの中に佇ませた。

絵の中の女性と目線を合わせてみてほしい。
彼女はあなたの瞳を見つめ、その奥にあるものを捉えている。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!