安居長敏|@yasuis

学校に身を置く自由人。「授業は教科の内容を教える場ではない、教科を通して人生を語る時間だ!」42歳で学校教員を辞めてローカルラジオとITサポート起業。そして再び教壇へ。地球規模での考え方、生き方をリアルにイメージでき、チャレンジしていけるような人づくりを、まずは自分が実践したい。

いまこそ、学校や先生という存在の「問い」に立ち向かうとき

学校にガッツリ関わっている企業といえば模試に代表される、いわゆる受験産業系だったものが、かつては主流だった。 それが、受験の一般化やICTの進化で広がっていく一方…

新たな学びの実装をめざして 〜「ブレンディッド・ラーニング」の可能性〜

数日前、校内でMicrosoft社の方を講師に、Teamsの研修をオンラインで行いました。 その際、本校の「学び」の中にその具体的実践を採り入れ、カリキュラムとして構築したい…

教師ができる唯一の「贈り物」

なぜ、日本で最も援助を受けている地域が、最も貧困なのか・・・ 沖縄から貧困がなくならない本当の理由 沖縄が抱える問題は決して沖縄だけのことではなく、その根本原因を…

既存の枠組みからの脱却

国や都の方針を踏まえ、ドルトン東京学園も6月29日(月)以降、これまでの「週1登校(午前)+週4オンライン授業」から「週5登校(午前)+オンライン授業(午後)」に移行…

フットワークが軽いって、すごく大事!

今週から始まった分散登校。生徒の声が響く学校って、当たり前だけど「いいなぁ〜」って、しみじみ。 登校にあたって、毎朝の検温結果を生徒がFormsで学校に報告し、集計…

一部登校再開など、今後に向けた本校の対応について

東京都の緊急事態宣言解除を受けて、本校においても6月1日から一部登校を再開します。一昨日(5/27)、その詳細について生徒・保護者にお伝えしたので、この場でも共有して…