✏️ トレーニングが Slack 通知に対応
見出し画像

✏️ トレーニングが Slack 通知に対応

Railsチュートリアル研修支援サービスでご利用できる「トレーニング」が Slack 通知に対応しました📱💡メンバーがトレーニングを解くと、設定した Slack チャンネルに通知されるようになります。

画像8

参考: 「トレーニング」とは? 

画像9

https://railstutorial.jp/training


Slack 通知のご利用方法

1. Slack の「Incoming Webhook URL」を取得する

(既に取得済みの方は、2へ進んでください。)

下記 URL からご利用中の Slack ワークスペースに「Incoming Webhook」インテグレーションを追加します。

通知を送信したいチャンネルを選択します。

スクリーンショット 2021-10-14 16.00.30

表示される Webhook URL をコピーしておきます。

スクリーンショット 2021-10-14 16.43.02

「Incoming Webhook」が有効になっているかを確認し、設定を保存します。

スクリーンショット 2021-10-14 16.04.18

スクリーンショット 2021-10-14 16.04.54


2. 通知設定にURLを入力

Railsチュートリアル管理者ダッシュボードの下部にある「Slack 通知設定」に Incoming Webhook URL を入力して、設定は完了です。

スクリーンショット 2021-10-14 15.01.09

メンバーがトレーニングを解くと、設定した Slack チャンネルに通知されるようになります。

画像8


まとめ

トレーニングの Slack 通知機能で、メンバーの進捗状況や理解度をより共有しやすくなりました。研修支援サービスは「1人あたり29,800円」で以下のコンテンツが利用でき、充実度の高いサービスとなっております。

研修支援サービスに含まれるコンテンツ一覧

開発環境の基本
📖 コマンドライン編
📖 テキストエディタ編
📖 Git / GitHub 編

Web技術の基本
📖 HTML 編
📖 CSS & Design 編
📖 JavaScript 編

Web技術の実践(本編)
📖 Railsチュートリアル「Webテキスト」
🎥 Railsチュートリアル「解説動画」
📝 Railsチュートリアル「トレーニング」

各コンテンツの詳細を見る 

対象コンテンツは今後もさらに更新・追加される予定です。無料の導入相談も実施しているので、まずはお気軽にお問い合わせください。

画像8

この記事を書いた人: @Yuppy








この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
YassLab 株式会社

YassLab株式会社の活動に興味を持っていただければ嬉しいです。こちらからのサポートは Raisチュートリアル、Railsガイドなど各サービスの向上に役立てていきたいと思います💓

❤️ありがとうございます...!! 😻
RailsチュートリアルやRailsガイド、coderdojo.jp の開発・運営をしています。プロダクト開発が学べる解説動画・質問対応や、全文検索・過去バージョン閲覧、研修支援・教材連携サービスなども提供しています。詳細はWebサイトへ→ https://yasslab.jp/