見出し画像

🎓 解説動画の見所、まとめました

YassLab 株式会社

Railsチュートリアル解説動画はWebサービス開発を『早く、しっかり学ぶ』ための動画コンテンツです。

画像13

解説動画にはコードの実演(ライブコーディング)や、イラストを使った図解などが含まれていて、何度も見返すことができます。

Webテキスト版の復習としても有用なので、それぞれの自分好みの使い方で理解を深めるのに役立ちます。

『試してみてから買いたい』という方向けに30分間のお試しプランもありますが、どこから見ようか迷っちゃいますよね 😹

そこで本記事では解説動画のオススメの見所を厳選してみました!買おうかどうか迷っていたり、30分の無料視聴枠でどこを見るのか気になる場面でご活用していただけると嬉しいです 🙏💖

✅ 本記事では第1章〜第7章までの動画の見所をまとめています


🔰 第1章「Railsチュートリアルを始める前に」

初めてRailsチュートリアルに挑戦するという方向けの情報をまとめているのが第1章の「Railsチュートリアルの歩き方」です。(YouTube でも一部公開)

画像7


第1章の動画では AWS Cloud9 のセットアップ実演や、ローカル環境構築が難しいと言われる理由についても動画では触れています。

画像6


また、第1章では Git で躓く方向けに、Git の実演もされています。 初めてだとよく分からないコマンドも、1行ずつ実行しながら解説されています。

画像7


🤔 第3章「テストは何のためにする?」

「そもそもテストって必要なの?」と考えたことがあるかもしれません。第3章ではテストの重要性について、Webテキストには無い現場の話も付け加えて説明されてみます。

特にプログラミングを仕事にしたい方にとっては、テストは重要なスキルの1つになると思いますので、ここも見所の1つとしてオススメです 👀✅

画像3


💎 第4章「Railsを支える技術、Rubyを知ろう」

Rubyは他の言語と何が違うのでしょうか? Rubyの特徴を知る上で、Rubyの設計思想やオブジェクト指向は大切です。他の章と同じく、第4章の解説動画でもWebテキストには無い内容が追加されています。

・"Rails風味" のRubyって何?
・オブジェクトとメッセージの受け渡しとは?(オブジェクト指向とは?)
・設計思想を知ろう。人間に寄せるプログラミングとは?(実例付き)
・文字列じゃダメ?シンボルを使う理由(Benchmarkで計測しよう!)
・ブロックとは?testメソッドを使った実例解説

画像4


第4章は特別で、Webテキスト購入者向け特典として視聴できるようになっています。「まずはWebテキストだけ購入し、第4章を視聴してみて、解説動画の内容を確かめてみる」といった流れも良さそうですね 😉


🔐 第6章「データベースの世界にようこそ!」

Webサービス開発においてデータベースへの理解は重要です。第6章では、第4章で学んだRubyの知識を活かして、データベースの世界に飛び込んでいきます。

画像13

第6章では実際に作られたデータベースの内容を見てみて、「冪等性」や「一意性(Uniqueness)」、自動生成されるテーブルがある理由などについても解説しています。

画像11


また、第6章以降が難しくなる理由の1つである『セキュリティ』についても、ここから段階的に解説が始まっていきます 🔐✨

画像11

『暗号化とハッシュ化の違い』『情報にアクセスできない方がよい場面』など、『has_secure_password を使っていれば OK』といった単純な話で終わらせるのではなく、『なぜそうなっているのか?』といった背景や心構えについても解説しているので、Rails以外の開発でも役に立つ情報が満載です。

最後は『なぜこんなに頑張ってモデル実装してるんだっけ...?🤔💦』という謎を解き明かします。解説動画では1つ1つのトピックを深掘りしつつ、『章と章とがどう繋がっているのか?』についても丁寧に説明します。

画像12


🧐 第7章「実際に生成された HTML を理解できるか?」

Ruby on Rails などのフレームワークを使っているかどうかにかかわらず、最終的には HTML などのブラウザが読めるコードに変換されます。第7章では、ユーザー登録フォームを作る過程で生成された HTML について解説する場面があります。

画像8

特に method については、第8章以降で解説する『RESTful』の理解に必要なので、解説動画では生成された HTML についても説明しています。

他にも、ブラウザから送られるパラメータの内容とアクションの対応関係や、実際に送られた params の内容を debugger メソッドで精査してみるデモもあります。

画像10

画像10

第7章以降では、ユーザーから送られてきたデータがどのように受け渡されているのか、その流れの把握が大切になります。Webテキストでも (よく見ると) ちゃんと解説されているのですが、焦ってしまうと見逃しがちです 😓

そういった見逃しがちな本質を動画で解説することで、高度で複雑なWebサービス開発を順序立てて紐解いていき、より多くの人が理解できるように工夫されています 👨‍🏫✨


✅ まとめ

いかがだったでしょうか? 今回ピックアップしたシーンはごく一部ではありますが、その見所が伝われば嬉しいです😌✨

なお、Webテキスト購入者向けの特典として第4章の解説動画を配布しているので、『まずは第4章だけ体験してみる』といった流れもオススメです 💎


他にも、Railsチュートリアル完走者との対談シリーズや、大学/大学院の情報理工学部で学ぶことなども YouTube から公開しているので、よければこちらもぜひ!📺✨


本記事が皆さんのご参考になれば嬉しいです 🙏✨

書いた人: Yohei Yasukawa







この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
YassLab 株式会社

YassLab株式会社の活動に興味を持っていただければ嬉しいです。こちらからのサポートは Raisチュートリアル、Railsガイドなど各サービスの向上に役立てていきたいと思います💓