二十一より先の数
見出し画像

二十一より先の数

 四人のばちあたりはいっせいに息を飲んだ。
 なぜって、一九〇七年十月、フォート・サムナー墓地のまうえに輝く月に照らされて、いましがた、かれらがあばいた棺のなかは、からっぽだったから。

「おったまげたぜ……」

 棺を見下ろす、赤ひげ男のはげたひたいに、汗が冷たくひかるのが見える。

「まちがいってことは、ねえのかよ」

「まちがえるはずがあるかい」

 軍服姿の男は、しめったかび臭いにおいの立ちのぼる棺から顔をそむけ、そばの暮石をあごで示す。

「こんなに削れてるんだ、見まちがえようはなかろう」 

 墓石のむこうで、毛の生えたパンケーキみたいな手の男がうなずいた。かれが撫でる墓石はでこぼこにけずられていて、刻まれた名前がどれだけ知られているかを物語っている。

 この世にたったひとりの、伝説の男の名前だ。

 その名に魅了され、その名をたたえるものたちが、名前の魔法をしんじて、墓石をけずり取ったのだ。

 この、おれさまの墓石を。

【続く】

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ヤラカシタ・エンターテインメント

いただきましたサポートは、サークル活動の資金にさせていただきます。

アリガットゴザイマス!
サイバーパンクニンジャ活劇『ニンジャスレイヤー』の二次創作小説同人誌を企画・制作する、非営利の編集ごっこ集団です。