YANS
道路交通法上のMTBの位置づけを解釈してみた。
見出し画像

道路交通法上のMTBの位置づけを解釈してみた。

YANS

マウンテンバイク(MTB)のことで道路交通法的にはどうなのかな?、みたいなことでいろいろと確認していた時に、「道路交通法上のマウンテンバイクの位置づけ」について改めて解釈してみたので、メモ。

マウンテンバイクは「自転車」なので、道路交通法では「自転車」として定義され「車両」の中の「軽車両」に分類されている。(ここまでは理解しやすい)

道路交通法施行規則の自転車に関する基準として「普通自転車の大きさ等」があります。

どこにも「普通自転車」の定義が見当たらないという解釈の中で、道路交通法の中で部分的に『「普通自転車」という。』等が出てくる。

なので、道路交通法で定義されている「自転車」には、「普通自転車」と「普通自転車じゃない方」に分類できることになるのかな。(という解釈)

図にするとこういう解釈

マウンテンバイクはどちらか次第

例えば、マウンテンバイクの長さが190センチか幅が60センチを超える場合は、「普通自転車」には該当しないことになる。

その場合、とくに定義された呼名がないみたいなので、仮に「普通自転車じゃない方」と呼び分けることに、とりあえずすることに。

つまり、道路交通法上のマウンテンバイクの位置づけは、「普通自転車」じゃない場合、「普通自転車じゃない方」の自転車。(という解釈と相成りました)

でも、『「普通自転車じゃない方」の自転車』って呼び方、スマートじゃないなぁ。。。

e-Govポータルの法令検索を使用しました。

今回、法令の検索はこちらのサイト(e-Govポータル)のe-Gov法令検索を使って解釈しました。

このサイト(e-Gov法令検索)は、憲法・法律・政令・勅令・府令・省令・規則について、各府省が確認した法令データを提供しています。未施行の法令データについても、改正内容が反映された条文を施行予定日ごとに提供しています。

e-Gov法令検索について

道路交通法(昭和三十五年法律第百五号)
第一章 総則

(定義)
第二条 この法律において、次の各号に掲げる用語の意義は、それぞれ当該各号に定めるところによる。
八 車両

自動車、原動機付自転車、軽車両及びトロリーバスをいう。
十一 軽車両

次に掲げるものであつて、身体障害者用の車椅子及び歩行補助車等以外のものをいう。
 自転車、荷車その他人若しくは動物の力により、又は他の車両に牽けん引され、かつ、レールによらないで運転する車(そり及び牛馬を含む。)
十一の二 自転車
ペダル又はハンド・クランクを用い、かつ、人の力により運転する二輪以上の車(レールにより運転する車を除く。)であつて、身体障害者用の車椅子及び歩行補助車等以外のもの(人の力を補うため原動機を用いるものであつて、内閣府令で定める基準に該当するものを含む。)をいう。

e-Gov法令検索

道路交通法施行規則(昭和三十五年総理府令第六十号)
第二章の二 自転車に関する基準

(普通自転車の大きさ等)
第九条の二の二 法第六十三条の三の内閣府令で定める基準は、次の各号に掲げるとおりとする。
 車体の大きさは、次に掲げる長さ及び幅を超えないこと。
  長さ 百九十センチメートル
  幅 六十センチメートル
 車体の構造は、次に掲げるものであること。
  四輪以下の自転車であること。
  側車を付していないこと。
  一の運転者席以外の乗車装置(幼児用座席を除く。)を備えていないこと。
  制動装置が走行中容易に操作できる位置にあること。
  歩行者に危害を及ぼすおそれがある鋭利な突出部がないこと。

e-Gov法令検索

難しい。
間違えていたらご指摘をお願いいたします。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
YANS
フリーランスのマウンテンバイクライダー。 ライディングのプロ。 https://www.yans.com