ライディングフォームを矯正できる、視線固定ツール。
見出し画像

ライディングフォームを矯正できる、視線固定ツール。

YANS

ライディングフォームの矯正に一役買ってくれる、視線を固定するツールです。朝の30分くらいでDIYしたのでご紹介します。

視線を固定するツール。

視線固定ツール
穴の中の丸を見てもらうと、視線が固定できる。
覗き込んでもらうことで、頭のポジションを誘導できる。
上下方向へのレベル調整機能

ということで
視線を固定することで頭のポジションを誘導できる。段階的に下げていけば、フォームを矯正することができる。

高くなりがちなライディングフォーム

通常「腕と脚を曲げましょう」と伝えても、曲げたまま固まっていたら意味がないライディングフォーム。腕と脚の筋力を緩ませる意図で「肩と腰の高さを低くしましょう」と伝えても、バランスを取っているうちに力みから高い位置へ戻ってしまう。とくに「一本橋」をしてもらっていると高いフォームのままで乗っている。

視線

目の中心と見ている対象とを結ぶ線。視軸。

視線を固定すると一本橋はこんな感じ。

ライディングスクール当日にDIYで即席ツール。

DIYするGORIDEの山崎さん。

いつもはクルマで移動するライディングスクールですが、今回は電車移動のためツールを持参できなくて、現場でツールをDIYしました。ありものの資材と限られた道具でのDIYでしたが、想像以上の出来でした。

その様子はこちらで


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
YANS
フリーランスのマウンテンバイクライダー。 ライディングのプロ。 https://www.yans.com