Naoya Yamada

オランダ留学。スウェーデン留学。AIESEC。教育。ホームステイ。中高生へアプローチ。たくさんの方々と繋がりたいです! #ハワイ # シアトル #シドニー #セブ #マーストリヒト #キプロス #ストックホルム

Naoya Yamada

オランダ留学。スウェーデン留学。AIESEC。教育。ホームステイ。中高生へアプローチ。たくさんの方々と繋がりたいです! #ハワイ # シアトル #シドニー #セブ #マーストリヒト #キプロス #ストックホルム

    最近の記事

    教育事業のジレンマ

    目的と手段目的は、社会をより良くしたい。社会を構成している個人一人ひとりが幸せでいてほしい。自分の好きなことや得意な分野で自己表現して、社会に価値を提供し、承認欲求を満たすことができたら、個人のwell-beingの向上につながるのではないかと仮説。 そのための手段として、公平な機会提供によって様々な選択肢が用意されている環境を整備したい。失敗が許容される環境下でトライアンドエラーを繰り返すなかで、自分の好きなことや得意なことを見つけられるのが理想的であろう。そのときはじめ

      • 先生の学校✖️ICT活用

        【イントロ】2学期はICT活用のターニングポイントに!学校をひらく3つの秘訣とは?〜子どもたちの主体性を引き出すICT活用、授業改革法をご紹介〜 2019年12月に文部科学省が打ち出した「GIGAスクール構想」の実現によって、日本の学校は本格的な1人1台コンピュータの時代へと突入した。端末が整備されても具体的な活用に及んでいない学校が見られる。現役で中高数学科教員をされながら、学校のICT活用をサポートするスクールエージェント株式会社の田中善将さんがスピーカー。ビッグデータ

        • 先生の学校✖️SDGsを楽しむスーパー中学生

          SDGsを楽しむスーパー中学生が育った驚きの暮らしとは? 【イントロ】2018年から本格始動した経済産業省の「未来の教室」では、子どもたちが未来を創る当事者(チェンジ・メーカー)となるためのビジョンを掲げ、多くの実証授業を行い成果を挙げている。https://www.learning-innovation.go.jp/about/ 経済産業省が、次世代を担う人材を次のように定義している。「教育を通して手にしたスキルや思考を、社会が直面する諸問題の解決に役立たせるべく、考え行

          • 先生の学校✖️コンポスト

            【イントロ】学校や自宅で簡単にできる コンポストという「捨てない暮らし」 〜昔の暮らしと今、現代の循環、コンポストの基礎、SDGsとは?〜 コンポストとは、「堆肥(compost)」や「堆肥をつくる容器(composter)」のこと。台所から出る生ごみや落ち葉などの有機物を、微生物の働きを活用して発酵・分解させて、土の栄養となる肥料(たいひ)にするという、古くから伝承されてきた大切な知恵の一つ。スピーカーのローカルフードサイクリング株式会社 代表取締役 たいら 由以子さんは、

            先生の学校✖️リフレクション

            【イントロ】自分もチームも加速するリフレクション〜【意見】【経験】【感情】【価値観】で自分を知る独自のフレームワークをご紹介!〜 スピーカーの熊平 美香さんは、2019年に一般社団法人21世紀学び研究所を立ち上げ、環境に適応しながら自律的に行動できる人材の育成に取り組んでいる。https://learning-21.org/ 自分とチームを成長させるために鍵となるのがリフレクションの技術とされる。これまでのMTGを振り返る上で、具体的で効果的な方法論が学べるのではないかと考

            先生の学校✖️探究と私

            【イントロ】【生徒の声から「探究」の意義を考える】探究と私 〜学びの楽しさに気づいた高校3年間の軌跡〜 北海道教育大学で学びを始めた今野菜優さんから、去年まで探求学習をしていた生徒の立場から、どのような学びがあったのかを聞く会。探求学習が促進されている一方で、実際に教育現場ではどのように導入されていて、どんな学びが生まれているのか。高校生であるスピーカーが感じる課題や意見を聞きたいと思った。探究学習によって、自分が知らなかったことや興味がなかったことにも関心を持つようになるの

            先生の学校✖️ミネルバ大学✖️21世紀型スキルの思考習慣

            【イントロ】ミネルバ大学で教えられている21世紀型スキルの思考習慣をプチ体験!「 創造的思考」と「意思決定」〜創造的思考がどのように効果的に意思決定を促すのか〜 Project MINT 代表取締役社長 植山智恵さん。 ミネルバ大学の社会人向け大学院プログラムのパイロット生として入学し、30代で学び直しに挑戦した植山智恵さん。植山さんは、ソニー卒業後30歳を過ぎてからミネルバで「次世代リーダーの思考習慣」について、アクティブラーニング環境で学び直しをされました。 【コンテ

            先生の学校✖️ICT✖️イエナプラン

            【イントロ】日々の情報共有をICTで一元管理!イエナプラン認定校・大日向小学校の「誰もが、豊かに、そして幸せに生きることのできる世界をつくる」教育のためのICT活用に関する実証実験報告会 イエナプランスクール大日向小学校 グループリーダー 原田 友美さん サイボウズ株式会社 中村龍太さん 【コンテンツ】 ■イエナプラン 1924年にドイツで始まり、オランダで広まる。日本では、2004年にリヒテルズ直子さんが著書で紹介したことで知られる。原田さんは、イエナプランを自立と共生の

            教育ー拓け可能性ー

            フォローありがとうございます!@naonowjapan                  👍YouTube 👍Facebook 👍Instagram 👍Twitter 👍Clubhouse  勉強か部活の2択の中で忙しい日々を送る中高生。自分自身や将来と向き合う時間が限られているように感じます。閉鎖的な環境、コミュニティのなかで意思決定を迫られ、とりあえず周りのみんなと同じようにしてしまうこともあると思います。地方に行くとより顕著です。  しかし、学校だけが世界の全てでは

            再生

            YouTubeで教育を学ぼう! 14 How does PISA work?

            キーワード:Reading, Problem-Solving, Finance Literacy, School System OECDによって行われるPISAは、学習者の読解力、計算力、科学知識さらには問題解決能力や金融リテラシーを測定する。参加に志願した国家または自治体から基準を満たした学校が選出され、15歳の生徒たちによって母国語で受験される。分析結果は学校運営に反映され、他国のデータと比較することで世界中で公平で包括的な学校システムが構築されることを目指す。 フォローありがとうございます!                    👍YouTube   bit.ly/2KpvFMD 👍Facebook  bit.ly/2WwFMBD 👍Instagram  bit.ly/2J5k7NQ 👍Twitter bit.ly/3anR6Iy 👍TikTok  bit.ly/2KI9zEZ 👍note    bit.ly/2Wv9SW2

            再生

            TEDで教育を学ぼう! 1. Vocational Education is an Option | Nisha Choksi | TEDxCranbrookSchoolsWomen

            キーワード:Vocational Education, Skillful Worker, Skill Gap 高等教育を卒業せずに成功した社会人を紹介して、仕事のための技能習得を教育の目的の一つである強調する。職業教育は、国家の経済成長のために需要のある産業へ人材を輩出することができる。アメリカ労働市場におけるスキルギャップの拡大を指摘。職業教育に対するネガティブなイメージをどのように払拭するか。企業とのマッチングを推進することで学生を成功への道をつくった。 フォローありがとうございます!                    👍YouTube   bit.ly/2KpvFMD 👍Facebook  bit.ly/2WwFMBD 👍Instagram  bit.ly/2J5k7NQ 👍Twitter bit.ly/3anR6Iy 👍TikTok  bit.ly/2KI9zEZ 👍note    bit.ly/2Wv9SW2

            再生

            YouTubeで教育を学ぼう! 13 Why Finland's schools outperform most others across the developed world | 7.30

            キーワード:Curriculum, Investment in teachers フィンランドの生徒はオーストラリアと比較して半分の時間しか学校で過ごさず、1週間に最低20時間のみ。ICTの使用量も含めてカリキュラムは教員個人の裁量で決められている。基金や授業料の請求は許可されておらず、税金によって平等に学校運営されている。さらに、教員は修士課程以上を修了していなければならないため、親、コミュニティー、そして社会からの信頼は厚い。教育の質を向上させるために教員への投資が重要視されている。 フォローありがとうございます!                    👍YouTube   bit.ly/2KpvFMD 👍Facebook  bit.ly/2WwFMBD 👍Instagram  bit.ly/2J5k7NQ 👍Twitter bit.ly/3anR6Iy 👍TikTok  bit.ly/2KI9zEZ 👍note    bit.ly/2Wv9SW2

            再生

            YouTubeで教育を学ぼう! 12 What is SkillsFuture?

            キーワード:Knowledge, Application, Experience, Hard Skills, Soft Skills, Asset シンガポールの国家プロジェクト Skillsfuture は、全ての国民にスキル習得の機会を提供することを目的としている。21世期の貨幣という比喩をつかって、知識、アプリケーション、経験、ハードスキル、ソフトスキルの5つを重要視している。スキルを個人の資産と捉えて、全体としてシンガポールの発展に寄与すると考えられている。 フォローありがとうございます!                    👍YouTube   bit.ly/2KpvFMD 👍Facebook  bit.ly/2WwFMBD 👍Instagram  bit.ly/2J5k7NQ 👍Twitter bit.ly/3anR6Iy 👍TikTok  bit.ly/2KI9zEZ 👍note    bit.ly/2Wv9SW2

            再生

            YouTubeで教育を学ぼう! 11 Creating Capabilities

            キーワード:GDP, Capability 経済成長を測るGDPはとても便利な指標であるが、政治的自由、性別、人種に置いて問題とは関連が低い。実証研究でトリクルダウンが起きていないことに注目。さらに教育と社会福祉はGDP成長とあまり相関していないことを指摘。教育は、人間の安全保障、機会の均等を目指して、個人の潜在能力に着目する必要があると主張する。 フォローありがとうございます!                    👍YouTube   bit.ly/2KpvFMD 👍Facebook  bit.ly/2WwFMBD 👍Instagram  bit.ly/2J5k7NQ 👍Twitter bit.ly/3anR6Iy 👍TikTok  bit.ly/2KI9zEZ 👍note    bit.ly/2Wv9SW2

            再生

            YouTubeで教育を学ぼう! ⑨ Purpose of Education | Claire Boonstra | TEDxErasmusUniversity

            キーワード:Norm, Singularity, Habit, AI, Sustainable Development システムに適応することに違和感を感じ、教育システムの改革を試みた。教育の改革は習慣の改革。シンギュラリティの到来する未来に言及。既存のシステムを見直して教育の目的を再検討した。これからの時代を生きるために、潜在能力の開放、未来を創造する力の育成、平和と持続可能な開発の理解、幸せで健康な人生の送り方を学ぶことの4つを提言している。 フォローありがとうございます!                    👍YouTube   bit.ly/2KpvFMD 👍Facebook  bit.ly/2WwFMBD 👍Instagram  bit.ly/2J5k7NQ 👍Twitter bit.ly/3anR6Iy 👍TikTok  bit.ly/2KI9zEZ 👍note    bit.ly/2Wv9SW2

            Cチーム ー両親への感謝ー

            フォローありがとうございます!                   👍YouTube 👍Facebook 👍Instagram 👍Twitter  明けましておめでとうございます。スウェーデンに来ております山田です。クリスマスと新年はおうちでホストファミリーとお祝いしました。皆さんはいかが過ごされたでしょうか。ふと両親への感謝の思いがこみ上げてきたので綴ります。  両親からこれやりなさいと強制されたことは記憶にない。いつも自分のやりたいようにやって、失敗しようがいつも寄り