マガジンのカバー画像

インタビュー・取材記事

28
「ヤマケイの本」から出版された書籍にまつわるインタビューや、取材記事のまとめです。
運営しているクリエイター

記事一覧

高野秀行さん「物凄い本だった。私にとって「土」は完全なブラックボックスだっただけに…」【高野秀行×藤井一至スペシャル対談その1】

それは、2023年11月12日のことでした。ノンフィクション作家の高野秀行さんが、旧Twitter(現・X)でヤマケイ文庫『大地の五億年』を絶賛してくださったのです。編集担当が喜び勇んで著者の藤井一至さんに連絡したところ、なんと藤井さんは高野さんの本の長年の愛読者であるとのこと。これは、お二人をおつなぎしなければ……! そのような経緯で、辺境を旅するノンフィクション作家と辺境で土を掘る研究者による、学びあり・笑いありの濃い対談が実現しました。全5回にわたってお届けします。(原

お部屋に潤いと癒しを添えるカレンダーで花のある暮らしをはじめよう

 たくさんの花に囲まれた暮らしに憧れるけれど、花を飾る習慣のない人は、いざ飾ろうと思っても一歩が踏み出せなかったり、たくさんの花を買うのは金額的に厳しかったり、意外とハードルが高いもの。そんなとき、おすすめなのが「心ときめくバラと季節の花カレンダー」。生花の代わりにカレンダーを飾って、花のある暮らしをはじめてみませんか。  実際に花を飾ったようなこの臨場感は、写真家としても活躍する田辺さんの作品ならでは。「花だけでなく花を生ける器や背景にこだわることで、季節感を表現していま

【連載】ハワイで気になったこと、もの その1

写真家・市橋織江さんが長年にわたり撮影してきたハワイの写真がカレンダー『ハワイ 市橋織江 Hawaii 2024 Orie Ichihashi』になりました。このカレンダーに言葉を添えるのは市橋さんと多くのハワイ本を手掛けてきた編集・ライターの赤澤かおりさん。ここでは、赤澤さんによるハワイの思い出やエピソードをお伝えします。  市橋織江さんとのハワイのカレンダーのお仕事を終え、出かけたハワイは、3年半ぶりということもあり、いろいろ気になるもの、ことがありました。以前から知っ

ため息が出るほど美しいカレンダー。素敵に飾って、お部屋にときめきと癒しを

――フラワーデザインでこだわったのはどんなところですか?  今回は、「ふんわり柔らかいイメージ」というご依頼だったので、全体的に彩度を低めにして、淡く優しい雰囲気にまとめました。  バラ選びにもこだわっていて、あまり街のお花屋さんには出回らないような希少なバラを使っているので、バラ愛好家の方にも楽しんでいただけると思います。 ――希少なバラはどのようにして手に入れたのですか?  夜中の2時に起きて市場に出かけました。外はまだ真っ暗でしたが、特定の品種を手に入れるために

いつかは若冲のようになれるかも? SNSで人気の自然ガイドが心掛ける「5000時間の法則」

研究者と一般人の間に立つ、自然ガイドの視点 ——書籍『エナガの重さはワンコイン』でもInstagramでも、くますけさんのキャッチコピーのセンスが秀逸だなと感じます。特別な勉強をされたのでしょうか。 くますけ 「全然意識していませんでした。担当編集者さんに言われて、ああ、そうなんだ、と気づいたくらいで。学校でも国語は苦手でしたし、ライティング教室に通ったこともありません。「自分が思う、この鳥の魅力はここ!」という点をまとめているから、独特に感じられるのかもしれません。

Instagramで人気の「自然ガイドのネタ帳」。実際にネタ帳はあるの?

体験からこそ学ぶことができる ——「環境教育」とは、どんなものなのでしょう? くますけ 「環境教育」と聞くと、理屈を机に向かって学んでいくイメージがあるかもしれませんが、「ホールアース自然学校」のやり方はまったく違っていました。 ホールアースが重視していたのは、体験すること。プログラムを通じて、自然がいかに雄大で人間の手に負えないものなのかを、五感を使って感じ、その体験をそれぞれの学びへと変えていく。自ら経験したことこそが真の学びになる、という考え方なのです。 それま

山岳遭難はいっこうに減らず、増えるばかり——それでも、ライターの羽根田治さんが取材を続ける理由

今年の夏山シーズンでは、山での遭難の発生件数・遭難者数が過去最多を記録した。 フリーライターとして活躍する羽根田治さんは、長年、遭難事故の取材を続けており、ドキュメント遭難シリーズ、『十大事故から読み解く 山岳遭難の傷痕』(山と溪谷社)など本の執筆を通し、山岳遭難の危険やリスク回避の方法を発信し続けている。しかし、ときには「自分が取材・検証したケースと同じような事故が繰り返されることもあり、無力感を覚えたりもします」と語る。 山岳遭難が増え続けるなか、羽根田さんはどのよう

【インタビュー】生き物カメラマン・松橋利光さんに撮影のコツや裏話を聞いてみた!【カエル編】

『くらべてわかるカエル』など、カエルを中心としたさまざまな動物の撮影を行っているカメラマンの松橋さん。 そんな松橋さんの写真を使った『FROGS!』『ウサギぴょんぴょん』カレンダーの撮影時の裏話や、撮影のコツなどを聞いてみたインタビューを全2回でお届けします。 初回の今回は『FROGS!』カレンダーとカエル撮影についてです。 --まず、松橋さんはさまざまなカエルを撮影されていますが、1回の撮影で何種・何匹くらい撮影されているのでしょうか? 松橋 大体は1日数種くらいを撮影す

【連載】やっぱりここが好き! ハワイのごはん

写真家・市橋織江さんが長年にわたり撮影してきたハワイの写真がカレンダー『ハワイ 市橋織江 Hawaii 2024 Orie Ichihashi』になりました。このカレンダーに言葉を添えるのは市橋さんと多くのハワイ本を手掛けてきた編集・ライターの赤澤かおりさん。ここでは、赤澤さんによるハワイの思い出やエピソードを連載にてお伝えします。今回はその第二弾です。 【その2】やっぱり大好き、ローカルフード。なんだかんだで結構定番に行きました。 ハワイに行って何が食べたかったかって、や

「ダンゴムシに心はあるのか?」を研究してみた! 人間以外のモノの「心」を探る研究者に聞く

ダンゴムシに「心」はあるのか?  人にそう尋ねたら、笑われるかもしれない。しかし、それを研究して論文を書き、出版してベストセラーにまでした人物がいる。信州大学准教授で比較心理学が専門の森山徹さんだ。  森山さんは、心は人間が一番明確に持っているという常識に違和感を抱いていたという。そこで、ダンゴムシに迷路実験・行き止まり実験・水包囲実験・綱引きなどさまざまな実験を行ったところ、未知の状況に遭遇するダンゴムシは自発的に壁を登る、水に入る、馬乗りになるなど予想外の行動が見られ

【連載】久しぶりのハワイでしたことは

写真家・市橋織江さんが長年にわたり撮影してきたハワイの写真がカレンダー『ハワイ 市橋織江 Hawaii 2024 Orie Ichihashi』になりました。やわらかなハワイの風を感じるかのようなやさしい海と空のブルー、草花のピンクやイエロー、ピンクオレンジのサンセットシーンなど、懐かしい風景が甦るカレンダーです。このカレンダーに言葉を添えるのは市橋さんと多くのハワイ本を手掛けてきた編集・ライターの赤澤かおりさん。ここでは、赤澤さんによるハワイの思い出やエピソードをお伝えしま

あのベストセラーの装画はどうやって描かれたの? 人気イラストレーター・芦野公平さんに聞きました!

書籍の装画・挿画を中心に活躍されている、イラストレーターの芦野公平さん。国立科学博物館の田島木綿子さんの著書『海獣学者、クジラを解剖する。』と『クジラの歌を聴け』(いずれも、山と溪谷社)のイラストレーションも、ご担当いただいています。 前回に続いて、今回は書籍の装画がどのように出来上がっていくのか、をメインテーマに聞きました。書籍の「顔」ともいえる装丁には、当然ながらデザイナーさんのお仕事も大きく関わってきます。(取材・構成 高松夕佳) 前回の記事はこちらから! ◎本の

あの素敵なイラストは、どうやって描かれているの? 人気イラストレーター・芦野公平さんに聞きました!

書籍の装画・挿画を中心に活躍されている、イラストレーターの芦野公平さん。国立科学博物館の田島木綿子さんの著書『海獣学者、クジラを解剖する。』と『クジラの歌を聴け』(いずれも、山と溪谷社)のイラストレーションも、ご担当いただいています。 緻密でいて、かつ親しみやすいイラストは、どうやって出来上がっているのだろう?? そんな素朴な疑問を抱き、芦野さんにお話をうかがいました。書籍のイラストレーションを描くうえでの考え方や、工夫していること、イラストのお仕事の楽しさや大変さまで、い

【対談】岩波書店×山と溪谷社 それぞれの「新種発見」物語

「え?企画がバッティングしてる!?」といきもの界隈がザワッとした岩波書店の岩波ジュニア新書『新種発見物語 足元から深海まで11人の研究者が行く!』と山と溪谷社の『新種発見! 見つけて、調べて、名付ける方法』の2冊。果たしてどのような経緯でこの2冊が生まれたのか? それぞれの本の特色は? 担当編集者がリモートで語り合いました。 それぞれの出版に至った経緯は? ――それぞれどういう経緯で企画が決まったんですか? 塩田 もともと法政大学の島野智之先生とジュニア新書で何か1冊…