マガジンのカバー画像

【新刊のご案内】

40
毎月ご案内している、新刊情報のまとめです。興味のある一冊を探してみてください!
運営しているクリエイター

記事一覧

新刊のご案内【2024年3月発売】『海のへんな生きもの事典 ありえないほねなし』など8冊

暖かくなったり寒くなったり、いよいよ春が近づいてきた今日このごろ。 4月からの新生活にむけて、そわそわしている人もいらっしゃいますか? 3月のヤマケイの本では、読んで面白い生き物の本や、作ってみたくなる!お菓子作りの本まで、8冊の新刊をご紹介します。 ※発売日はAmazonなどWEB書店の日付に準じます。 <3月6日発売> 『くらべてわかる国旗』 桂田 祐介監修旗をくらべることで、その国がより詳しくわかる! 並んだ国旗の違いを楽しみ、くらべることでよりわかりやすく国旗を

新刊のご案内【2024年2月発売】『IT'S ELEMENTAL さぁ、化学に目覚めよう』など7冊

春の足音が聞こえ始める2月です。 今月のヤマケイの本では、春の散歩のおともにオススメな身近な樹木図鑑から、じっくり読みたい化学読み物まで、ご紹介いたします。 ※発売日はAmazonなどWEB書店の日付に準じます。 <2月13日発売> 『ベニシアの「おいしい」が聴きたくて』 梶山 正著2023年夏、ベニシア・スタンリー・スミスさんが京都大原のご自宅で亡くなりました。 64歳で発症したPCA(後部皮質萎縮症)が進行し、亡くなる72歳までの8年間のベニシアさんの日々の様子を、夫

【連載】ヴィンテージまみれなハワイでの日々

写真家・市橋織江さんが長年にわたり撮影してきたハワイの写真がカレンダー『ハワイ 市橋織江 Hawaii 2024 Orie Ichihashi』になりました。このカレンダーに言葉を添えるのは市橋さんと多くのハワイ本を手掛けてきた編集・ライターの赤澤かおりさん。ここでは、赤澤さんによるハワイの思い出やエピソードをお伝えします。  アロハー、皆さん。2024年明けましたね。  昨年に引き続き、市橋織江さんとのカレンダーの制作が終わってから出かけた、2023年夏の終わりからのハワ

この生き物を研究せずして、何を研究すると云うのか?【ゴキ研究者大崎遥花氏、豪語する】

「クチキゴキブリのメスとオスは、互いの翅を食い合うらしい」  類を見ない不思議な現象に惹かれた著者が、採集・飼育・繁殖方法など、わからないことだらけのこの生物に秘められた謎を体当たりで追いかける――。  沖縄・やんばるでの採集、トライ&エラーの飼育、予算がない中でのDIYな実験、そして翅の食い合いの意義とは――行動生態学の基本と最前線をわかりやすく語る科学読み物『ゴキブリ・マイウェイ この生物に秘められし謎を追う』が発刊されました。  本書から、「はじめに」を公開します。

新刊のご案内【2024年1月発売】『いきものさん図鑑』など3冊

新年、あけましておめでとうございます。 元日から災害、事故、事件のニュースが続きますね。 2024年が少しでも良い年になりますように・・・ 1月発売の新刊は、全部で3冊。 年末年始になまった体にピッタリなハイキング案内から、体をさらになまけさせる美味しいプリンのレシピ集まで。 ※発売日はAmazonなどWEB書店の日付に準じます。 <1月15日発売> 『秩父ハイク 西武池袋線&秩父線・秩父鉄道沿線の山歩きと秩父三十四札所巡り』 山と溪谷社編長瀞の渓谷美、秩父の三峯神社、

もし、この世界から「ゴキブリ」がいなくなったなら・・・【ゴキ研究者は語る】

 「クチキゴキブリのメスとオスは、互いの翅を食い合うらしい」  類を見ない不思議な現象に惹かれた著者が、採集・飼育・繁殖方法など、わからないことだらけのこの生物に秘められた謎を体当たりで追いかける――。  沖縄・やんばるでの採集、トライ&エラーの飼育、予算がない中でのDIYな実験、そして翅の食い合いの意義とは――行動生態学の基本と最前線をわかりやすく語る科学読み物『ゴキブリ・マイウェイ この生物に秘められし謎を追う』が発刊されました。  本書から、一部を抜粋して紹介します。

胸もとにつけるだけじゃない! ダーニングブローチの楽しみ方

【連載第3回】アイデア次第で自由に使える!身につけるだけで、いつものコーディネートを華やかにしてくれるブローチ。いちばんオーソドックスな使い方は、服の胸もとや襟もとにつけることですが、つけ方に基本があっても楽しみ方にルールはありません! 帽子やバッグにつけたり、インテリアに取り入れたり、アイデア次第でいろいろな楽しみ方ができます。なかでもダーニングブローチは材料や作り方の自由度が高いので、同じものは2つとなく、唯一無二の存在感。大好きだった服や布をずっと身近に感じていられます

新刊のご案内【2023年12月発売】『ゴキブリ・マイウェイ』など6冊

2023年ものこり1ヶ月。 年納め・年始の準備に忙しくなりますね。 寒さも増してきた今日このごろ、一息いれるときにヤマケイの本はいかがでしょう? ※発売日はAmazonなどWEB書店の日付に準じます。 <12月4日発売> 『ゴキブリ・マイウェイ この生物に秘められし謎を追う』 大崎 遥花著相棒“G”と研究の道をゆけ! 注目の若手研究者による行動生態学の最前線と研究世界の歩き方。 「クチキゴキブリのメスとオスは、互いの翅を食い合うらしい」 類を見ない不思議な現象に惹かれ

鳥たちの思いがけないドラマに気づくコツ

(文:くますけ) 野鳥はもっとも身近で見ることのできる野生生物です。ふわふわのぬいぐるみのような鳥もいれば、いかつい鳥もいます。その見た目だけでも人を惹きつける彼らですが、時にハッとするような野生の生きざまを見せてくれます。 たとえば、公園などで1カ所にたくさんの羽毛が落ちているのを見たことはないでしょうか。これは明らかに「事件」の匂いがしますね。ハトがのどを膨らませて歩き回っているのにもちゃんと意味があって、彼らにとって大切な「儀式」です。鳥たちは日々、私たちの周りでドラ

新刊のご案内【2023年11月発売】『エナガの重さはワンコイン』など5冊

金木犀の香りがすると、冬の始まりを感じますね。 空が高く、青く澄んできた今日このごろ。 11月のヤマケイの本では5冊の新刊をご紹介いたします。 ※発売日はAmazonなどWEB書店の日付に準じます。 <11月10日発売> 『スパイスを楽しむケーキとお菓子』 村山 由紀子著スパイス使いで驚くほどおいしくなる! キャロットケーキからスコーン、チャイ、スパイスジャムまで、ちょっとセクシーで個性的な味わいに魅了される香り高き48レシピ。 東京・吉祥寺の人気カレー店「ピワン」の敏

ダーニングのテクニックで作る大胆かつ繊細なブローチたち

【連載第2回】初心者でも気軽にできるステッチダーニングブローチは、大好きだった服や布の切れ端、余った糸などを形に残せるだけでなく、楽しみながらお繕いのテクニックを身につけられるのも魅力の一つです。そんなダーニングのテクニックの中から、初心者でも気軽に始めやすいステッチをご紹介。組み合わせは自由自在なので、唯一無二のオリジナルブローチを作ってみませんか。 【なみ縫いダーニング】 手縫いの中で最も基本となる「なみ縫い」をベースにしたダーニング。裏と表で同じ縫い目になるのが特徴

愛着が生まれる針仕事「ダーニング」で大好きだった服や布をブローチに

【連載第1回】ダーニングの魅力と基本ステッチ【ダーニングとは】 「繕うこと」を意味する英語で、ヨーロッパの伝統的な衣服の補修方法です。穴があいたりすり切れたりしてしまった部分を補修することで、丈夫に見映えよくお繕いすることができます。目立たないように補修することもできますが、あえて目立つ色の糸を使うことで付加価値が生まれ、新品のときより愛着が湧くのも魅力です。 ダーニングは、ダーニングマッシュルーム、糸、針、はさみがあれば、すぐに始められます。ダーニングマッシュルームがな

ハワイ・マウイ島山火事の復興支援につながるカレンダー『ハワイ 市橋織江 Hawaii 2024 Orie Ichihashi』

 ハワイのカレンダーを作りませんか? と声をかけていただいたのは、まだ寒さが残る2023年の早春の頃でした。  好きが高じてハワイと日本を行ったり来たりするようになって30年以上、ハワイにまつわる本を執筆することになったのは、今から17年ほど前になります。そのときも、今回のカレンダーと同じく「ハワイの本を書きませんか?」と声をかけていただいたのが始まりでした。  そのときから共にハワイの本を作ってきたのが、今回のカレンダーの写真の撮影者で、写真家の市橋織江さんです。市橋さ

新刊のご案内【2023年10月発売】『冒険食堂』など5冊

秋の音が聞こえてきましたね。 秋の夜長にお家でゆっくり読書を楽しみませんか? キャンプ用具の開発哲学からお子さんと楽しむアウトドア料理まで。 お気に入りの服をダーニングでブローチにしたり。 釣りの名作釣行記やマンガも! ※発売日はAmazonなどWEB書店の日付に準じます。 <10月3日発売> 『キャンプの名品哲学』 CAMPLIFE編集部編キャンプ用具を愛する人、これから集めていきたい人へ。 オガワのオーナーロッジ タイプ78R、ヘリノックスのチェアワン、トランギア