カワウソ@数検&英検1級合格したよ❣️
1ヶ月で確実に英検1級レベルの難関英単語を3000語覚えるための科学的に正しい方法
見出し画像

1ヶ月で確実に英検1級レベルの難関英単語を3000語覚えるための科学的に正しい方法

カワウソ@数検&英検1級合格したよ❣️

(注意)

当記事は、2022年4月1日より、無料公開される予定です。

現在ご購入されている方、あと数日お待ちいただけると、お得です。


こんにちは、カワウソです。

この記事を投稿した2019年10月6日は英検の一次試験受験日であります。

英検を受験されたかた、おつかれさまでした。

私も受験し、二次試験に向けて勉強を始めるところでございます。


さて、一次試験で思うようにいかなかった方もいらっしゃるかと思います。

中でも、語彙問題で苦労された方もおおいのではないでしょうか。

英検、とくにその上位の級は、TOEICなどとくらべても非常に語彙力の多寡がカギとなる試験です。

2級では3800~5100語覚えればよかった英単語が、準1級では7500~9000語、1級では10000~15000語も覚える必要がある。数字だけでも、その大変さがおわかりになるかと思います。

また、十分な語彙力がなければ、文章読解やリスニングにも影響がでます。


逆に、語彙力さえあれば読解やリスニングも楽になりますし、英作文においてもより高得点をとることができます。



そこで今回は、「たった1ヶ月」で、英検1級合格に必要な語彙力を身に着ける方法をお伝えします。

(ただ、あくまでも1ヶ月という数字は、英検準1級レベルの語彙がある人を前提にしています。2級(高校卒業程度)レベルの人が1級レベルの語彙を身に着けるためには1ヶ月半程度かかるということはご了承ください。

私自身、この方法を使って、英検1級の一次試験に3度合格しています。

二次試験は、スピーキングの努力不足・作戦不足によりまだ達成できていませんが、近いうちに必ずやなしとげてみせます。

以下で語ります勉強法は、大学受験を控えている高校生の皆様にも有効です。主に英語・外国語に焦点を置いて説明していますが、暗記法という意味においては、社会科目などにおいても大いに役立つ勉強法だと確信しています。


記事を書く前に、はじめに知っていただきたいことがございます。

このnoteは、元は私自身が2019年1月に公開したブログをもとにしています。誰かほかのブログを参考にしたことは一切ありません。


過去わたしのツイッターをフォローしていた方の公開した有料noteを購読したところ、私の記事を盗用したと思われる表現がありました。

数字を変え、表現を非常にうまく使いこなし、あたかも自分が作ったかのように書いています。

私にも反省すべき点はあります。「ブログは資産であり、剽窃してはいけない」と明記していなかったのは、私が性善説に基づいてブログをやっていたということ、そして、英語のブログに関してはアクセス数も少なく、「どうせ誰もみていないだろう。ましてやパクられるわけない」と見くびっていました。

その結果、私の記事と同じ内容が、有料で販売され、彼の利益になっています。

名門私立大学の学生さんということで、非常にやり方が上手い。コピペではなく、数字や表現、あるいは段落の順番を変えるなどして、うまく剽窃に引っ掛からないようにして公開しています。

しかも、その方は人脈も大変広いようで、そのnoteは多くの英語プロのお墨付きを得ている。

だから、はたから見れば、彼が白で私が黒のように見える。彼は『その道』のプロだと褒めざるを得ません。

しかし、ただ黙っていてはいられない。


だから、私はブログの内容をnoteにしました。

英語を学習する皆様が、間違った人に搾取されるのはよろしくない。

だから、彼よりも安い値段で販売いたします。

1人でも多くの方が、『科学的に』正しい勉強法を安価な値段で手に入れることができれば、本望です。

彼の7割の値段で公開するので、彼ほどの収益を得ることはできません。

しかし、それでもかまいません。

世の中の人が「正しい」方法で英単語を覚えることが出来るのなら、彼のnoteを間違って買う人が1人でも少なくなるのなら、これくらい何でもありません。


もちろん、単にブログの内容を書くのであれば、無料のものを有料で売ることになり、倫理的に問題があるでしょう。

そこで、より詳しく、より一歩進んだ内容を追加しております。

ブログの方は、痕跡を残すという意味をこめ、1月の公開以来大きな手を加えてはいません。

新しい情報を得たときは、こちらのnoteにて追記する予定であります。

前置きが長くなってしまいました。

以下、ちゃんとした研究に基づいた『科学的に正しい』方法を皆さんにご紹介します。


「勉強量が足りない」論 の罠

まず初めに、なぜ、私を含め多くの方が、英語力の低さに悩んでいるかをご説明しましょう。

私は、『英語力がない人は勉強量足りない』という俗説が、皆さんを苦しめているのではないかおもっています。

英語ができる人の中には、「英語力がないのは勉強量が足りないから」という人が大勢います。もはやこの論調が主流といって良い。

No pain, no gain(痛みなくして成果なし、虎穴に入らずんば虎子を得ず)とつぶやいている方もいます。 

しかし、そういう方に向けて敢えて言わせてください。

「勉強量が足りない」と漠然と言っている人には、何かを教える資格はありません。

この続きをみるには

この続き: 7,742文字

1ヶ月で確実に英検1級レベルの難関英単語を3000語覚えるための科学的に正しい方法

カワウソ@数検&英検1級合格したよ❣️

350円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
カワウソ@数検&英検1級合格したよ❣️
JAPAN MENSA会員のカワウソです。英検1級、数検1級に合格。ブログ(https://english-otter.com/)では、IQやメンサのこと、私が愛してやまない小倉唯さんのこと、また趣味でもある英語や数学の資格試験などについてもnoteを書いていきたいです。