140km/hまでの軌跡93 「ガニ股って悪い?〜股関節外旋〜」
見出し画像

140km/hまでの軌跡93 「ガニ股って悪い?〜股関節外旋〜」

三谷勇人


「ガニ股」って言葉聞いて、悪いイメージありませんか?

なんかカッコ悪いとか。

なんかパフォーマンス上がらなそうとか。

でも僕が出会った140〜150km/h投げる投手は

ある意味、みんな「ガニ股」です。

ただこれも、「どういうガニ股か?」それ次第ですが…

とういうか、ガニ股の定義も様々ですが、

僕の中ではイチローさんも、ガニ股って言えばガニ股に入ります。


【モデル歩き】


モデルさんが歩く姿をみてもらうと、

わかると思いますが、

接地の際、つま先って若干、外を向いてるんです。

イメージでいうと、内くるぶしから足を出す感じ。

さらに言えば内くるぶしを、1本線上に乗せて歩くイメージなんでしょう。


画像1


ここで大事なのが、つま先外って言うのも、

股関節から外旋してるか?

さらに腰が入っているか?脇締まってるか?

腰引けてり抜けてたら、股関節外旋出来ません。

腰引けてたら股関節内旋してしまい、

外旋出来ないので、膝から下で過外旋。


画像4


もしくは腰抜けて、

股関節外旋筋などが機能せずに

膝が外に外に広がる場合。

これが一般的に呼ばれるガニ股、

O脚と呼ばれるやつですね。

どちらにしても、そういった方はまず絶対に、

ヒールやブーツ履いて小走り出来ません。

残念ながら小走りすると捻挫しちゃいます。

そうそう、惜しまれながら引退された、

とある女性アーティストのライブ映像を

先日観たんですが、

ライブ中、ピンヒールブーツで走り回っていました。

これってほんと凄い事ですよね〜!!


画像2



【股関節外旋】

そのアーティストの方に代表されるように、

ヒールで走れる方って、

まず脇締まり・腰が入り、

股関節が外捻り出来ないと、絶対に出来ません。


画像5


投手もそうです。

脇締まり・腰が入って外旋筋作用し、お尻が中心にキュッと寄り、さらにお尻が引き上がっていると、

めちゃくちゃかっこいいケツ、

ある意味かっこいい「ガニ股」です。

歩いても、ケツ使いかたが上手いです。

ケツや体幹、使って前に進みます。

そしてめちゃくちゃお尻の形がいいです!

イチローさんの四股や股割り見ても、

脇締まり腰が入り股関節外旋して、

めちゃくちゃお尻の形キレイです。

そう言った意味合いで

「いいガニ股」なんです。

画像3


当たり前ですが、投球動作でも軸足・前足共に

股関節外旋はめちゃくちゃ重要。

どう大事かは、また改めてにしますが、

だから野球選手って股割りとか四股での腰入れって、よく行いますよね。

そんなわけで…

さあ、今日も腰入れよう!!


最後までお読みいただきありがとうございます😊


○「なぜパフォーマンスが上がらないのか?」「なぜ怪我ばかりしてしまうのか?」
そんなお悩みのかたは、三谷勇人オフィサイト「ZERO 」>>>
https://hayato-fastball.jimdofree.com

○ Instagramで動画配信。すっごく暇だったらチェックしてね!
>>>

https://www.instagram.com/hayatomitani

○ Twitterでも、動画配信、また体のこと野球のこと、他にも感じたことなど色々とつぶやいていまーす!ぜひフォローしてね!
>>>

https://mobile.twitter.com/hayatomitani


◯三谷は毎週、月・水・金(偶数週)勤務してます。

セントラル接骨院東戸塚店HP ☞ https://www.cbs-higashitotsuka.com/







この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
三谷勇人
目指せ140km投げれるトレーナー!そのために日々感じたことを書いてます! 〉〉〉HP「ZERO 」 https://hayato-fastball.jimdofree.com https://mobile.twitter.com/hayatomitani