新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

【一食一善プロジェクト2022】寄付先団体決定!!

Hitonari Magazine

先日、一食一善プロジェクトの寄付先団体募集を締め切らせていただきました。今回は9団体が参加。うち、3団体は新たに参加する団体になっています。

参加団体の概要は以下になります。ぜひ一度ご覧くださいね。


A  KO4TH(コーフォース)
未来の子供たちのために環境保全活動を中心とした八幡浜の「海緑(みりょく)」を発信しています。


B クリスマスオレンジ実行委員会
❝クリスマスオレンジ❞は、冬、貴重な柑橘を大切な人に贈り合うという柑橘があまり収穫できないカナダの風習で、実行委員会では、毎年12月14日を「クリスマスオレンジの日」として、PR活動をしています。


C こども食堂 のきした
子ども食堂「のきした」では江戸岡・千丈・松柏地域限定で毎月第4日曜日にお弁当100食を提供しています。個人・企業様からの支援物資も配布しており、世代を超えた地域の居場所になっております。


D 八幡浜むりかぶし
今年で二周年を迎えました、八重山古典民謡の基本を学ぶ唄三線グループです。地域の皆様に楽しんでいただける団体となれるよ、レパートリーを歌謡曲まで広げ、よりよい唄を追求していきます。今後は地域の行事などからもお声がけいただけるように、魅せる唄三線に力を入れていきます。現在男性1名、女性6名で活動しておりますが、三線のみにとどまらず、沖縄文化に興味のある方など幅広く募集中です。


E 榊雅楽会(さかきががくかい)
雅楽とは、神社での結婚式で流れる音楽です。練習場所である八幡神社をはじめ、さくら祭、みなっとでの演奏、また小中学校での雅楽体験授業も行っております。笙、篳篥(ひちりき)、笛や舞の練習を個別指導です。よろしくお願いします。


F 八幡浜お手伝いプロジェクト実行委員会
人手を必要としているみかん農家へ、登録のお手伝いワーカー(ボランティアさん)がお手伝いに行き、その報酬として、愛媛県内で使えるクーポン券をお渡しする有償ボランティアのプロジェクトです。


G フレッシュレンジ
2005年、第一次産業低迷報道を受け、一念発起!オリジナルソング「魔法のみかん」を掲げ、消費拡大・地域活性化を目的にPR活動を開始。現在、地域に根差した活動を展開中。コロナ禍になり「みかんのある風景写真展」によりみかんの里をPR。世界マーマレード大会では、地域イベントとして大会を盛り上げました。また、前回の一食一善プロジェクト寄付金により「柑橘王国ようこそマーマレードのまちへ」の横断幕を作製し、市に贈呈させていただきフェリーターミナルビルなどに飾られています。これからも地域を元気にするためがんばります!よろしくお願いいたします。


H 冬桜祭    
主に八幡浜市双岩を盛り上げるために活動しています。毎年10月末に双岩の夫婦岩公園で、自分たちのオリジナルイベント「点灯祭」を開催しています。今年は、10月30日(日)の開催を予定していますのででひ、遊びに来てください。


I 特定非営利活動法人浜の会 
就労が困難な知的障がいを持たれた方々が、生きがいを持って地域の中で暮らしていけるよう支援する為に、平成19年1月にNPO法人浜の会となり、4月より活動しています。また平成30年4月より就労継続支援B型事業所浜っ子作業所の運営をし、より多くの障がい者の方々の支援を行っています。


現在、協賛店となる飲食店を募集中です!!興味のある飲食店の方、まずはみなと交流館までお問い合わせください。

▼一食一善プロジェクトの情報は、下記のページで随時発信しています。

https://www.minatto.net/onemeal-onegood


▼みなと交流館では、八幡浜を元気にする地域活動を応援しています。詳しくはこちらをご覧ください。


執筆:鈴木 磨美(みなと交流館)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Hitonari Magazine
地域活動応援マガジン「Hitonari Magazine」(ヒトナリ マガジン)は、地域活動(NPO・ボランティア等)に興味を持っている人や、既に活動している人向けに役に立つ情報を発信するWEBメディアです。運営は、八幡浜元気プロジェクトとみなと交流館で共同で行っています。