見出し画像

まちとまちをつなぐみち。

「みちのく潮風トレイル」
昨年6月に開通した、青森県八戸市~福島県南相馬市を結ぶ延長約1000kmのトレイルコース。東日本大震災で大きな被害を受けた沿岸地域の約1000km。なんでも踏破するには50日程度かかるらしい。

ちょっとした関わりからこの前、一部区間を歩いてきた。全コースの30分の1にも満たない約30kmを、しかも1泊2日で。

ヤマノボリは頂上を目指して歩き、縦走はヤマとヤマをつなぎ歩く。
同じ歩くでもトレイルへのイメージはわかなかった。
ただなんとなく海外のトレイルのことは雑誌などを通して知っていた。その程度だった。

でも、ある参加者の一言に納得がいった。
「トレイルは『まち』と『まち』をつなぐ道を、人に触れ、その土地の文化に触れながら歩く」

以来、約1000kmが頭から離れない。
ヤバい!ヤバい!!
毎日、毎日、毎日。約1000kmを考えてしまう。

東日本大震災後に発足したプロジェクトが約8年を経て「みちのく潮風トレイル」となって完成。その間、台風による被害もあった。

八戸市から南相馬市まで自分の足で歩いて、見て、感じて、話を聞いて、なんとかあの大災害と自分との折り合いをつけたい。まだまだ心の中にくすぶる大震災。一生、忘れることもないし、昨日のことのように思い出すのだろうけど、自分の足で歩いて現時点での折り合いをつけたい。

なんだかんだで、とりあえず歩きたい!!!

約1000km÷50日=20km/日

はっきり言って自信あり!!

歩くとなると問題は仕事。辞めるしかないよなぁ。
リフレッシュ休暇、テレワークなどとは程遠い中小企業勤務。
唯一の頼みは有給休暇なんだが、働き方改革による年5回の有給休暇取得もままならない中小企業。辞めたとしても「まぁどうにかなるかな?」なんて思っているが、私の年&私のスキルでは再就職は難しいというものわかっている。

けど歩きたい。

桜の季節もよいなぁ。新緑の季節も。真夏の暑い中、汗をだらだら流して歩くのもすてがたい。海と紅葉のコントラストきれいだろうなぁ。雪はあまり降らないから冬でも可能か。

海外のハイカーとすれ違ったら「ハッハッハロー」なんて慌てながら言っちゃうのかな?

行きたぁぁぁぁーーーーい!!!!!!!

幸い、今、持ち合わせている装備でまかなえる。が、思い切ってテントを新調しちゃおうかな?ザックも古いしなぁ。

なんて考える日々。

年をとるにつれ、自信がなくなっていく私。だからと言って、若い頃に自信があったわけではないけど、なんだかパッとしない人生だなぁ~って。

だから昨年、フルマラソンに挑戦したわけで。完走したら自信になるのかなって。結局、感動的なゴールとはいかず・・・。思いのほか簡単に、楽しく完走しちゃって・・・。次の日にはトレッキングに出かけたりして・・・。

さすがに約1000km歩いたら自分に自信がつくのかな?
でも性格上、海外のトレイルとかに興味がわいてしまうんだろうなぁ。

そんなことを考えながら、今日も会社でパソコンとにらめっこをしています。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2
徒然なるままに...2019年も終わりそう。 そんなんじゃヤだなぁ。 んでnoteを始めてみました。 ホントに遅ればせながらですが。