見出し画像

2020年も音楽フェスのアプリをデザインしました

しました。全然開催されてないけどね。まぁちょっと聞いてくれや🧐

***

昨年Spincoaster社と音楽フェスのためのアプリ制作サービス FESPLI をはじめました。自分はそこでUIデザインを担当しています。

国内外の様々なフェス及びフェスアプリを体験した開発チームがフェスに必要な機能と活用シーンを考え抜いて作り上げたサービスです。

山口のWILD BUNCH FEST.にはじまり、長野のりんご音楽祭、大阪のRADIO CRAZYと公式アプリの制作をFESPLIでさせていただきました。ユーザーさんの反応も良好で、それはもうイイ感じのバイブスで高まっていたわけです。

画像3

Real Soundにインタビューしてもらったり、

制作時に実施したリサーチをnoteにまとめて、微妙な量のスキをもらったりもしていました。

UI Kitをつくる

FESPLIではFigmaでデザインをしています。UIに謎のオリジナリティはいらないので、フェスアプリは基本的に同じ作りになっています。

去年は一個作って、コピーして...ってやってたんですけど、管理上イケてないので、UI Kitを作りました。地道にコンポーネントをつくり、ライブラリ化。Text Stykes、Color StylesもこのUI Kitに含まれています。

アプリのデザインをするときは、フェスごとに file を作り、必要な画面だけライブラリから呼び出して組み立てる、という方法にしました。新機能は各フェスの file で作ったのち、UI Kitのほうにマージ。これでデザインルールが統一されて精神が安定しました。

画像5

画像6

開催できない

今年に入ってからはSYNCHRONICITY、THE CAMP BOOKへの導入も決まり、よっしゃアクセル踏んで頑張っていくで〜と意気込んでいました。

SYNCHRONICITYでは混雑情報の表示、マイタイムテーブルからプレイリストを作成するといった新機能を準備していました。オーディエンスに寄り添って、頼れる存在になれるように、フェスとオーディエンスがよりコミュニケーションをとれるように。

画像3

そこにやってきたのがあのすっとぼけウィルスです。音楽フェスのみならずイベントは中止、延期、オンライン開催へ。文化芸術は不要不急だ! 自分で選んだ仕事だろ? いやそうじゃない!生活に必要だ!とあれやこれやと飛び交う言葉。

自分で選んだ仕事だろ? そういうリスクを承知の上だろ? と言われれば、まあそりゃぁそうなんですけど。でもそんなこと言い出したら日本に住んでる時点で地震で死ぬかもしれないし。そもそも生まれた時点でたくさんリスクあるやんけ?

いやいや、違う違う。そもそも、そういう話の土俵に乗ってしまっている時点で何かがおかしい。文化芸術ってそういう対象のものじゃなくて、どうやってそこにあるもの、生まれるもの。

文化芸術がそもそもどういうものなのか、文化芸術を社会においてどうデザインするのか、大きな問が生まれたように思います。だいぶおこがましい問だけど。

自分は今やれることをコツコツと。Spincoasterからリリースされた音楽ライブ配信情報をまとめてチェックできる iOS アプリ TUNE(チューン)のデザインをまるっと担当しました。詳細はnoteに書いたので是非。

新たな試み

しばらくすると音楽フェスは新しい挑戦をはじめます。

👉 野外フェス、厳戒態勢の開催から2週間「感染者なし」を発表 プロデューサーが語る覚悟の舞台裏

9月に開催された大阪の OSAKA GENKi PARK では再びフェスアプリのUIデザインを担当しました。OSAKA GENKi PARKでは、ステージ前方エリアがソーシャルディスタンスの保たれたブロックに分けられました。そのブロックは事前の抽選予約です。入場時には検温あり。(今後開催の大型イベントはしばらくそうなると思われ)

アプリでは、ユーザーがチケットを所持していることを確認し、見たいアーティストの抽選に申し込む、当選すればパスが表示される、という新機能をデザインしました。また当日使用できる問診もアプリ内に用意しました。時間のない中、はじめての試みで至らない箇所もありましたが、それでも皆さんの協力で良い形で終えることができました。

画像3

改善をして、次の一手になったのが RADIO CRAZY 2020。新たにマイページをデザインしました。マイページは所持しているチケット情報、前方ブロックの予約・抽選状況を一覧できるようにしました。

画像4

しかーし。再び例のアレが猛威をふるいます。RADIO CRAZY 2020は一旦中止となり、延期を検討となりました。ちなみにCOUNTDOWN JAPAN 20/21も中止、KEEP ON FUJI ROCKIN’ Ⅱは有観客でのライブ開催中止です。

👉 FM802 ROCK FESTIVAL RADIO CRAZY 2020の中止と開催延期検討のお知らせ

もう本当に心中お察し。でもよく決断したと思います。仕方ないよね。

***

という1年だったでござるよ。もう頑張っていこうとしか言えないけど。すでに頑張ってるしな...。

フェスが、本来の意味をもって開催できる日が、そう遠くないところにあると信じて。おれはマンダロリアンを今から見る。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
オオヤマ

また一歩、天国に近づくのです...💃

めーん!
4
フリーランスのデザイナー。アプリのUIデザイン、イベント特設サイトやウェブサイトのデザインをしています。Festival Life, Feslavit, FESPLI(Spincoaster), TUNE(Spincoaster), Real Sound, Scrap ほか。