見出し画像

XAION DATA noteはじめました!

はじめまして。
株式会社XAION DATA(ザイオンデータ)は、シリコンバレーのAITech企業でCOO/CTOを経験した、佐藤 泰秀(CEO)と石崎 優人(CTO)が2020年1月に共同創業したテックスタートアップです。

私たちは【データ統合 / 収集 / 加工 / 分析・提供】を行う
AIデータサプライヤーとして、AI×DATAで世界中の価値を最大化していくことをミッションに、様々な事業を展開しております。

こちらのnoteでは、私達のことをもっとよく知ってもらいたい!ということで、以下のトピックを中心に発信をしていこうと思っています。
・事業内容について
・メンバーのインタビュー
・応募中のポジションの詳細

今回は初回なので、是非私達の事業内容を知っていただければと思います。


1, XAION DATAとは何をしている会社なのか?

私たちXAION DATAは、「AI×DATA」を技術軸としたAIデータサプライヤーです。点在する膨大なデータからAIが必要なデータを収集・統合し、AI技術をこれらのデータに実装して提供することで、世の中の様々な課題解決を実現しております。
現在は、これらの技術要素をもとに、人材支援事業・営業支援事業・DX推進事業などの事業を世界で展開しております。
AIデータサプライヤーとして、世の中の点在するデータ価値をAIが見つけ出し最大化することで、新たな「価値」を創出していくことを事業の軸としております。

画像4


【INTEGRATE】企業が求めるデータをAIが収集・統合
【FORMAT】必要とされるデータ形式に合わせ、データの成型・加工
【SUPPLY】今まで見つけられなかった課題発見や施策立案を支援

これらを組み合わせることで、企業の課題を「AI×DATA」で解決し、企業の価値最大化を図り、より豊かな社会を実現すると共に、人の幸福に寄与する仕組みを「AI×DATA」で実現させることで、人の価値を最大化することを目的として活動しています。

※INTEGRATEの機能である、ウェブ上のデータを機械学習で収集する技術要素は、現在特許申請中です。


2, XAION DATAのミッションについて


「AI×DATAで世界中の価値を最大化する」

XAION DATAは上記ミッションを掲げ、「AI×DATA」を技術軸として様々な事業を展開しています。世の中への技術提供を通じ、今まで見出すことができなかった人の価値や企業の価値を最大化する仕組みを実現することで、人の幸福に寄与していきたいと思っています。

●XAION DATAがAI×DATAで創造したい新たなデータ価値とは?
インターネットから始まり、スマートフォンやSNS、AI等がものすごいスピードで世界中に普及し、膨大な情報やデータが世の中には溢れています。
しかし私たちは、その膨大なデータの一部しか活用することができなかったり、データの価値を最大限活かせていないという課題に直面しています。

現状、様々なデータ利活用推進がうたわれている中で、このような膨大なデータが存在する今の時代だからこそ、私達のようなデータサプライヤーの重要性が高まっている市場にあると考えています。

例えばですが、こんな記事があります

アメリカの市場調査会社、International Data Corporation(IDC)が2020年5月に行った発表によると、2020年の全世界の生成、消費されるデジタルデータの総量はおよそ59ゼタバイトにのぼるということです。2010年時点でのデータ総量は988エクサバイトで単純計算で10年間で約60倍に増加しています。なお、2000年時点でのデータ総量は現在の約1万分の1の6.2エクサバイトでした。                  -引用元 データのじかん


●データ収集の重要性向上と、自由度の高いデータ提供基盤の必要性
上記背景から、企業の情報保持や収集のリスク・コストが増加し、よりデータの取り扱いが難化しています。我々は、これらの膨大なデータの中から、価値のあるデータを見つけ出し、必要な形で提供できる基盤を構築することで、これらの世の中の課題を解決しようとしています。

飲食のお仕事をしたことがある人なら想像が付きやすいと思いますが、
私達は食品のサプライヤーさんと似たようなことをしています。
彼らは実際の倉庫に食材を抱えて、お客様の注文に応じて倉庫から食品を店舗に届けることが仕事です。
私達の場合はその倉庫が「インターネット」というだけのことです。

私達は企業様から頂いたオーダーに基づくデータをインターネットから探し出し、提供するような仕組みを構築しています。


3, 私達が提供するサービス

我々は、自社で保有するデータ収集基盤×AIを用いて、現状大きく3つの事業を展開しております。

画像4

・「人材支援事業」XAION Headhunting Automation
AIを用いた新しいヘッドハンティングサービス。
企業が求める最適な人材探しをAIヘッドハンターが支援し、
マッチングから候補者アプローチまでサポートします。

・「営業支援事業」XAION Channel Expansion Automation
世の中の企業情報×人材情報を掛け合わせた
ネットワーキングシステムを構築。
企業に紐づくキーマンの可視化や営業のアプローチの自動支援など、
企業の事業拡大に貢献する仕組みを提供します。

・「データDX事業」XAION AI Data Supplier
企業が保有するオウンドデータやオープンデータを収集・統合し、
必要なデータ形式に合わせてデータを提供するサービス。
データ統合支援やデータ利活用支援、AI構築など
企業の課題に合わせたソリューションを提供します。

「AI×DATA」の技術基盤をもとに、人・企業の抱える様々な課題を解決し、価値を最大化していく事業を今後も展開していきます。


4, XAION DATAが見据える将来

こんなことを話して来ましたが、私達は将来、
私達が必要の無い未来を実現したいと考えています。

現在はデータの取り扱いをするためには、
データエンジニアやデータサイエンティストという人材が必要です。
しかし、私達が目指すのは、
AIが充足することでデータサイエンスが民主化された未来です。
誰でも簡単にAIが作れる、もしくはアプリのように買える
それを使えば知識がなくても、誰でもデータの利活用ができる
そんな未来が来ることを望んでおります。
AIデータサプライヤーとしてデータ×AIモデルの流通に寄与することで、
AIの連続的な社会実装をアクセラレートし、より豊かな社会の実現を目指したいと思っています。

上記を実現することで、我々のミッションである、世界中の価値を最大化するという目的を果たせると考えています。

スクリーンショット 2021-02-02 15.43.10


5, なぜ今noteを立ち上げるのか

私達XAION  DATAは創業2期目を迎えております。
不安定だった売上も徐々に固まりつつあり、
この先の事業開発や営業活動、そしてプロダクト開発を行う上で、
「正社員」の募集をしようという決断に至りました。

一方的なブログですが、私達の事に興味を持ってくれた方へ、
私達の思いが伝わる内容になればと思い、その手段がnoteでした。

-- 私達の会社で積めるキャリアや実現できること
-- 私達と働くことの魅力
-- 一緒に働く仲間の紹介

このnoteを通じて、XAION DATAが取り組む事業やXAION DATAで働く人の想い、環境についての情報をどんどん発信をしていきたいと考えています。
noteでの情報発信を通じ、XAION DATAの事業内容や目指す世界観に共感してくださる方や、XAION DATAのカルチャーとマッチする方は是非ご連絡をくださると非常に嬉しいです。

もちろん企業様からのご連絡もお待ちしております。

それでは皆様、これからどうぞよろしくお願いします!

株式会社XAION DATA
広報部


★【採用情報】*2021年2月現在
https://cutt.ly/Lkbitut

○【Homepage】
https://www.xaiondata.co.jp/

○【Facebook】
https://www.facebook.com/xaiondata/

○【Instagram】
https://www.instagram.com/xaiondata/?hl=j

○【Twitter】
https://twitter.com/xaiondata

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
6
XAION DATAは『AI×DATA』により世界中の価値を最大化することを目指すAIデータサプライヤーです。 https://www.xaiondata.co.jp/