ウェネバーウェアエバーフェス(wwfes)
2019年の活動の振り返り
見出し画像

2019年の活動の振り返り

ウェネバーウェアエバーフェス(wwfes)

 ウェネバーウェアエバーフェスの2019年の活動は、「Whenever Wherever Festival 2018」で得た、〈新しい舞台芸術フェスティバルのアイデア〉を今一度検証してみようという指針のもと行われました。「しきりベント」という空間を仕切ることに焦点をあてたイベントを3度実施し、8名のアーティストが関心の赴くままに「催し」が孕む問題を繰り返し検証しました。それぞれの視点から書かれた報告書を以下に羅列します。

Aokid
木内俊克
七里圭
西村未奈
福留麻里
村社祐太朗
山川陸
山崎広太

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ウェネバーウェアエバーフェス(wwfes)
2018年からは8名のアーティストがフェスを主導。ディレクションから空間設計、当日の運営までを執り行う一種のコレクティブとして活動中。2020年度のコンセプトは「リサーチ」。noteでは各リサーチへの参加方法やその記録を更新していく。https://bit.ly/3lCxrZ6