見出し画像

わからない

ame

誰にも愛されないことも辛いけど
全員に平等に愛されることも辛かった

『広く浅く』と『狭く深く』


  周りに愛されることを覚えてしまうと、それに気づく度にあいされてしまった自分に嫌悪と怒りが芽生える。
その浅さにはもちろん
本物の愛など含まれていなかった。

  この人しかいない。
そう思った人も人間であれば裏切ることもある。
自分の想いと相手の想いが矛盾していれば
いつでも起こりうる。
起承転結で展開された在り来りな小説も
驚いて腰を抜かすほどだ。
いつまでも結びには辿り着かない。
深かった愛には初々しさは残らなかった。


  人は自分に縋る者しか、_____言葉にするのが難しい。人は自分を好きでいてくれる人しか相手にできないのだろうか、そんなことが言いたいけれど相手にできないという言葉はどうも合わない気がする。どうにもならない心の内。人は言ってくれないとわからないと言うけど言う側はどう言ったらいいのか分からないし、言ったところで本当に伝わるのか不安だ。

あの子は私の過去を聞いて涙を流した。
あの子はやっぱり君しかいないと言った。
あの子は生きててくれてありがとうと言った。
産まれてきてくれてありがとうと言った。



全部本心なんかじゃないんだ。

そう思ってしまう私の心の穢いこと________

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ame
唄う小説を描きたい。美しい物を書きたい。 雨の日にいらして下さい。