ウエディングパークの『ン』。
社内活性化チーム「WPPJ」。チームでビジョンを叶えるために「クレド」をつくりました
見出し画像

社内活性化チーム「WPPJ」。チームでビジョンを叶えるために「クレド」をつくりました

ウエディングパークの『ン』。

こんにちは!カルチャー推進室 WPPJリーダーの高嶋です。
今回は社内活性化チームであるWPPJでクレドをつくった話、そして、そのクレドに込めた想いをご紹介します。

 なぜクレドをつくったのか?

WPPJは、「ビジョンを実現するためのチームウエディングパークを創る」というビジョンのもと、社員総会の企画・運営や社内報の発行、月次の締め会運営、社内ウェビナーの開催といった社内活性化を主導しているチームです。メンバーは、サービス開発や営業といった業務と兼務しています。

クレドをつくったきっかけは、社員総会の準備中、「楽しさよりもタスクに追われる感覚が強くなっている」という課題を感じたことでした。私自身、5年間WPPJとして活動する中で、意義ややりがいを感じながらミッションを楽しむことがWPPJの魅力だと実感しています。それをメンバーにもっと感じながら活動してほしいという想いが生まれたのです。

 また、社員数が増える中で、「WPPJがどんなチームなのかわからない」という声も多く聞くようになったこともきっかけのひとつです。WPPJの企画は、社員には「当日のお楽しみ」にして内密に進めることが多いのですが、そんな中でも、WPPJがどんな想いで活動しているのか知ってもらうことで全社からも応援されるチームになっていきたいという想いもありました。

 そこで、ビジョンを実現するうえでチームが大事にしたいことを共通言語化し、宣言する「クレド」をつくることにしました。

クレドのつくり方

 リアルな場で集まり、以下のことを行いました。

① チームのビジョンを明確にイメージするための共有
② ビションを実現するために大事にするべきことをディスカッション
③「大事にするべきこと」をクレドに落とし込む

① チームのビジョンを明確にイメージする

はじめにビジョンの解像度を上げるため、「ビジョンを実現するチームウエディングパーク」とはどんなチームなのか、一人ひとりの考えを共有しました。 

・お互いが認め合い応援し合える
・経営理念やビジョンの実現に向けて、同じ方向を向いて走るための熱量がある
・それぞれが居場所があることを感じられる
・"垣根"が存在しない
・得意や好きを活かしたプロフェッショナルの集まり
・全員が年次や部署関係なくビジョンに向かって仕事ができている
・社員一人ひとりの掛け算で成果を最大化することができる
・常に動き続ける
・元気笑顔!一人ひとりがイキイキしている
・感謝と思いやりを忘れず、お互いをリスペクトし合える
・切磋琢磨しながらビジョン実現に向けて走っている
・チームで戦うにあたって馴れ合いなしに、まとまれる

WPPJメンバーの考えるチーム

今のウエディングパークのいいところ、これから会社が大きくなるにあたってより強化したいところなど、これまでメンバーそれぞれの頭の中にあった、実現したい「チームウエディングパーク」を言語化することで、目指すべきビジョンを明確にしました。

② ビションを実現するために大事にするべきことをディスカッション

 次に、4人ずつのチームに分かれて、そんな「チームウエディングパーク」を創るために、わたしたちWPPJが大事にするべきことについてディスカッションを行い、各チームで3つのワードに落とし込みました。

チームごとに考えたクレドの素案

③「大事にするべきこと」をクレドに落とし込む

チームごとに出したワードを、意味の近いものはまとめたり、共通する想いや本質を考え抜いたりして、4つのワードにまとめました。

大事にしたのは、「WPPJのメンバー全員が納得できること」。全員が納得して進めることが社員への推進においても不可欠だと考えています。
WPPJでは答えのないものを0→1で創ることが多く、年次関係なくさまざまな意見が飛び交います。今回も、どんな意見でも「そういう考え方もあるね」「そういう捉え方もあるんだ」とまずは受け止め、ブラッシュアップしていきました。

 また、「誰が見てもわかりやすい内容にすること」も意識しました。
クレドは、WPPJがビジョン実現に向かうための軸となりますし、わたしたちの宣言にもなります。誰が見てもわかりやすく、応援してもらえるチームになるために、軸となる内容を行動単位にまで落とし込み、みんなが納得するクレドが完成しました。

WPPJのクレド

 こうして完成したクレドが、こちらになります!

1. 全社ビジョン実現のために、誰よりもアツく
カルチャーを推進する若手のわたしたちが、誰よりもアツくビジョン実現のために考え、行動する存在になる
2. 元気、笑顔を届ける
全社に笑顔、元気を届けるため、誰よりも楽しんで活動する
3. 常に全社視点を忘れない
全社のために、経営シンクロしながら、さまざまな社員の立場にたって考える
4. 未来に向かって、チャレンジし続ける
チャレンジすることでビジョンの実現を目指し、会社に勢いをつける

実際に、先日開催した社員総会をつくる上でも、このクレドがあることで、それぞれの決断に一貫性がでてチームみんなで同じ方向を向いて進むことができました。

全社ビジョン実現のために、誰よりもアツく」会社のことを考え、社員総会を通して社員に伝えたいメッセージ=コンセプトを決める。
元気、笑顔を届ける」ための懇親会コンテンツを一番に楽しみながら、準備する。
ハイブリット開催にあたり、リアルで参加する社員も、オンラインで参加する社員も全社員が同じ熱量で参加できるように、「全社視点を忘れない」。
そして、迷ったときには、「未来に向かって、チャレンジし続ける」方を選ぶ!

これからのWPPJ

今後も世の中や会社の変化など、いろいろなことがあるかと思いますが、「ビジョンを実現するチームウエディングパークを創る」ため、大事にしたいクレドを軸に、現状のやり方にとらわれず、常に「挑戦」していきます!

WPPJのメンバー
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ウエディングパークの『ン』。
ウエディングパークグループで日々生まれているプロダクト、サービス、機能、制度、活性化等について、「企画者・制作者の想い」をキーワードに、お届けしていきます。