weave

30年ほど前、近所を放浪してた犬を保護しました。病弱なその子は病院通いが絶えず辛い思いばかりした挙句14歳で脾臓のガンであっけなく逝ってしまいました。なぜ犬や猫はこんなに病気になるんでしょう?短い一生を穏やかに暮らして欲しいと願い、健康を保つ為に飼主にできる食餌療法を考えてます。
    • ペットの健康雑学
      ペットの健康雑学
      • 2本

栄養学から考える てんかん      ー過剰なタンパク質は体の毒ー

年をとっても我が子は愛おしい 朝の散歩でご挨拶する老犬さんがいます。 足取りはゆっくりでも四本の足にシッカリ体重をかけてボチボチ歩く我が子を、飼主さんはニコニコ…

ノミダニ駆除剤で出血

■夏の定番のノミダニの予防薬を塗った皮膚の出血や湿疹の報告が何件かありました。 最近は公園の草木にもダニノミが多いですから散歩もうかつにはできません。 ウチの子…

腹腔鏡で避妊手術しました

テンは8月で3歳になります。 避妊をするなら3歳になってからと思っていたので予定通りと言えばその通りなんですが、決断を早めたのはテンのヒートが無出血だったからで…

マグネシウムってなに?:火傷と口内炎に塗ってみた

ミネラルというと、乳製品でお馴染みのカルシウムが良く知られてますが、ほかにも体には13種類のミネラルが必要なんです。 その中でもマグネシウムは特にカルシウムと密接…

貧血のある愛犬の手作り食

推定6歳のペキニーズを保護して1年、食材に拘って手作り食をしている飼主さんから貧血の相談があったのが11月の初旬でした。 貧血に良い食材を選んで手作りを頑張って…

愛犬の手術をするかしないか。選択する為の情報 その①

12歳の小型犬の脳に腫瘍が見つかり、手術をするかどうかの判断を迫られていて、飼い主は決められなくて困ってるとの話し。 医師からは手術の方法やリスクの説明があ…