スクリーンショット_2019-12-24_2

野沢那智さん

『19』には、とても意外な人が映画「初」出演している。

野沢那智さん。

『ダイハード』のブルース・ウィリス本人よりもぴったりなボヤキ口調に、アラン・ドロンやアル・パチーノなど、僕の大好きな俳優たちを担当している、アニメや洋画の吹替の世界では知らない人はいない名優だ。

声を聞けばすぐに、どこに那智さんが出演しているかはわかるが、とても重要なシーンに、華を添えてもらいたかった。キャスティングのときに、シーンの構成上、「声」だけで空気感を表現できる俳優はいないかと考えていて、ぱっとひらめいたのが那智さんだった。

「顔出しで映画はやったことがない」

との理由で、当初、那智さんには出演を断られてしまう。

だが、とても礼儀正しい人で、わざわざ僕に直接、お詫びの連絡をくれた。電話の声が、まさにアラン・ドロンだったので、断られているのに声が聞けて、ファンとしてうれしかったりもした(笑)。

「自信がない」という那智さんに、「僕も出演するんですけど、ずぶの素人です」と話したら、すごく驚かれて「監督がそんな大それた挑戦をするなら、自信がないという理由では断れない」と、なんと出演をOKしてくれた。

現場では常にタバコを欠かさず、立っているだけで格好良かった那智さん。「自信がない」とおっしゃっていたが、荒くぶっきらぼうな僕らの演技に対して、緩急をつけて包み込んでくれるような、素晴らしい演技だった。

那智さん自身も演出家なので、幾つか考えてくれたプランもあり、狭いフレームの中で工夫しつつ、「ちょっとここで、ジェームズ・ディーンみたいな仕草をしてもいい?」など、話していてとにかくたのしかった。

画像1

映画の公開時には、テアトル新宿での初日舞台挨拶に登壇したり、アニエスベーとのコラボレーションイベントでは、僕と大次郎と一緒に参加してもらうなど、忙しい中、常に作品に協力をしてくれた。

また、公開が終わったのちも、手紙を頂いたり、舞台に誘われたりと、交流は続いた。

実現できなかった企画だが、もう1作、那智さんにお願いしたい役柄があった。企画を開発しているときに、那智さんに脚本を送り読んでもらったら、「映画は『19』が最初で最後のつもりだったんだよ!」と、困惑する那智さん。「那智さんで、あてて書いちゃってるんですけど、ダメですか?」と聞いたら、「じゃあ、がんばるよ」と、笑ってOKしてくれた。

那智さんの訃報は、映画『USB』の舞台挨拶のために高知へ向かう途中で聞いた。ああ、もう那智さんと一緒に映画はつくれないんだと、あのとき企画を実現できなかった自分の力不足を激しく悔いた。

いつも、那智さんのことを思い出すとき、「声」と一緒に、『19』の撮影現場で絶えずタバコの煙をくゆらせていた、格好良い姿が浮かんでくる。少し憂いのある瞳にしわをよせた表情が、色っぽかった。

『19』(Blu-ray版 2020年1月9日発売)
監督・脚本/渡辺一志
出演/川岡大次郎、渡辺一志、野呂武夫、新名涼、遠藤雅、野沢那智
サラエヴォ映画祭新人監督特別賞/トロント国際映画祭/トリノ国際映画祭/シンガポール国際映画祭/台北金馬映画祭 …etc 正式出品

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3
映画監督、俳優。Film Director, Actor. 『19』『ビジターQ』『スペースポリス』『探偵事務所5』『キャプテントキオ』『カインの末裔』『新選組オブ・ザ・デッド』『サムライせんせい』『FONOTUNE』 http://watanabekazushi.com
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。