50歳からのBlenderからのクリスタっ! (その3.8) CLIP STUDIO PAINTで検証※追記あり
見出し画像

50歳からのBlenderからのクリスタっ! (その3.8) CLIP STUDIO PAINTで検証※追記あり

にゃんこ😸@ことほむ加賀支社

CLIP STUDIO MODELERでセットアップしたファイルをCLIP STUDIO PAINTで検証してみます。

まずは、PAINTで読み込んでみました。が、どうも余計なポリゴンがくっついているようで、アクセサリーに原因があることまでは掴みましたが、件のMODELERで見てもポリゴンは存在していない…

まぁ、これは後ほど検証するとして…。
今回はクリスタでLT変換の手順をご紹介。
まずは[レイヤー]→[レイヤーのLT変換…]を。

ダイヤログボックスが開いたら、とりあえずデフォルト設定で。

はい。そのままではアウトラインが出ませんでした。1980年代のイラストみたいになりましたが。

テクスチャラインにチェックを入れてみました。

その後設定をいじりながら[奥行き]のカーブを調整することで、輪郭線がきれいに出るようになります。

設定を弄って、こうなりました。

良い感じではないでしょうか。
最後にPAINTの先行プレビュー「自動彩色」と色調変更でカラー化してみました。

スタート時の時刻が2022.2.11.11:31。
で・・・

彩色完了。
2022.2.11.11:37です。

数値を固定化すれば、一括処理が可能になります。
ポーズだけたくさん作って、一気に彩色。あとは修正というルーチンをつくってしまえば、かなり効率化できそうです。

追記

MODELERでよく確認したらば、余計なポリゴンがいました。

MODELERでは修正不可能なので、Blenderに戻って原因を探ったところ…

ゴミが残っておりました。アクセサリーはわからないままインポートしてた頃からデータを弄ってなかったのが原因。よく確認しないと駄目ですね。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
「スキ」してくれてありがとう! アイコン点灯ヨシッ!
にゃんこ😸@ことほむ加賀支社
「ことほむ」ではゲームコンテンツ・アニメーション作品設定時代考証、観光プロモーション企画・マーケティング・デザイン企画をやってます。僕はWordPressとマーケティング担当。妻が和雪庵という茶室を開いており、茶書研究・茶道体験・お茶ゼミを開催していますが、流行り病で閉庵中です。