50歳からのBlenderからのクリスタっ! (その3.9) モノクロモデルの作成と取込 ※作画系はこれで最後
見出し画像

50歳からのBlenderからのクリスタっ! (その3.9) モノクロモデルの作成と取込 ※作画系はこれで最後

にゃんこ😸@ことほむ加賀支社

なんか[その3]を細かく刻んでしまいましたがこれで最後。
ちなみに、スタートはここから。

モノクロ表現をさせたいので、まずはBlenderでモデルをBW化させました。

完全にモノクロにしたものと、グレーを入れたもの。
グレーはトーンに変換できるつもりで作ってます。

これらをCLIP STUDIO MODELERに取り込んで素材登録します。

気がつけば素材が3つになっていました…。(汗)

まずは何も設定せずにLT変換。

まぁまぁ良い感じにぃ〜⸜( ´ ꒳ ` )⸝♡︎
ではもうちょっとがっつり設定をば…。

プレビューを見ながらこちょこちょ弄って…

グレーとの組合わせでうまくトーンになってくれました。(∩´∀`)∩ワーイ

これで表現の幅が広がります。

黒目のアウトライン

テクスチャで黒目を作ってしまうと、アウトラインにうまく変換してくれないので、モデリングのときに黒目部分と白目部分を分けてます。

faceitで設定するときには白目も必要なので、モデルとしては作ってありますが、CLIP STUDIOで使うときには白目部分は消してあります。

白目のある状態
白目のない状態

今の処このタイプのモデルが色々便利なので…。
ちなみに、CLIP STUDIO PAINTに入っている3Dモデルはテクスチャで黒目が表現されてまして。

LT変換すると、このようにヌッペラボウになってしまいます。

クリスタのモデルでのアウトライン(輪郭線2の状態)

テクスチャラインの塗りには反映していますが、この状態だとちょっと使い勝手が悪かったので今回のような形になりました。

輪郭線1レイヤの状態
LT変換後のレイヤ構成


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
「スキ」してくれてありがとう! アイコン点灯ヨシッ!
にゃんこ😸@ことほむ加賀支社
「ことほむ」ではゲームコンテンツ・アニメーション作品設定時代考証、観光プロモーション企画・マーケティング・デザイン企画をやってます。僕はWordPressとマーケティング担当。妻が和雪庵という茶室を開いており、茶書研究・茶道体験・お茶ゼミを開催していますが、流行り病で閉庵中です。