【納得就活#4】フリーランスイラストレーター、人材業界で働く方に話を聞いた。


今日は初めてESを提出しました😂

そして社会人の方2名にお話を聞かせていただきました。


①フリーランスのイラストレーターで働いている方


《 学んだこと 》

・フリーランスはどのように仕事をもらってくるのか
1、SNSでファンを増やす。
2、東京ビックサイトのクリエイターエキスポで企業との繋がりを増やす。しかし準備、費用(10万)がかかる為やる気がないと大変。
3、企業に自分で飛び込み営業に行く。

・フリーランスのメリットデメリット
メリット
時間に縛られない。自分で仕事を選べる。自分の個性を生かすことができる。
デメリット
自分で全部管理しなければならない。メールのやり取り、見積もり、請求書作成など。

本当にやりたいという熱い思いがなければできない。
人に認められなくても自分はやりたいんだ!という気持ちがないと厳しい。


・承認欲求が高すぎると自分に自信がなくなってく。楽しいことをしていても他人から認めてもらえないと楽しくないと感じてしまう。自分で自分のことを認めてあげることが大切。
心配性は性格だから治らないと思っていた。
しかし努力次第で直すことができる。考え方を変えてみよう。
人生において大切なことは何か?もう一度ちゃんと考える必要がある。

・お勧めの本
にとべいなぞう 自警
吉野げんざぶろう 君たちはどう生きるか

《 感想 》

フリーランスになるにしろ、一度社会を経験してからがいいなと思った。フリーランスは相当の思いで始めないと続かないなと感じた。私自身、自分に自信がなく承認欲求が高いと思っている。このままだと幸せになれないと言われて、自分を認めてあげようと思った。少しずつ考え方を変えることで性格は変えていけるのかなと思った。とにかく自分に自信を持つ!!!!!


②人材×ITのベンチャー企業で働いている方

《 学んだこと 》

・IT企業の中でも沢山の業界があるので自分がどのIT業界に興味があるのか深掘りしてみる。IT志望の人はレバレジーズなどの有名インターンに行く人が多い印象。

・成長したいんだったらこれから伸びるマーケットの企業がいい。
例えば広告業界で言うとネット広告。これから伸びない業界は成長しないか下がるしかない。マーケットが増加していると売上も増え、仕事も増える。どこの会社、マーケットが伸びるのか考えてみることが大切。
人材でも年々人が少なくなっているので人材業界自体は縮小傾向にあるが、IT×人材は伸びている。

・企画、マーケティングは必ずしも営業をしてからと言うわけではない。
実際、営業や企画、マーケティング全て違うスキルであると考えるから。
P&Gはマーケティングに強い会社として有名。

・ベンチャー企業の新卒研修について
大手はみんな一緒に研修してスタートラインがみんな一緒。それが嫌な人はベンターがいいかも。自分自身で技を盗んでいけばいい。

・今の会社を選んだ理由
憧れの人がいてその人のもとで働きたいと感じたから。インターン先で出会った。

・人は2種類に分かれている
1、to do型 これをやりたい、こうしたい
2、being型 この先どうありたいか、一生働きたいなど
自分はどちらなのか考えてみるといい

・ベンチャーのメリット
自分でやらなくてはならない範囲が広い為いろんな経験ができる。
自律的になる。成長できる。
年功序列がない。成果で給料が上がる。給料に不満があるなら成果を残して自分であげればいい話。

・お勧めの本
転職の思考法
どうしたら自分の思考価値が上がるかわかる本

・どうして早く成長したいのか深掘りするべき
何に達成感を感じるのか→人と何かを作る時→例えば営業を例として1人で売りに行く営業は楽しめなさそうだね、とか分かる。


《 感想 》

私は自分の市場価値を上げたいと何となく思っていたけど、なぜ成長したいのかしっかりと深掘りしていこうと思った。成長して自分はどうなりたいのか。ITに関してはもう少し業界について調べてみることが必要。今の時点で業界を絞ってしまうとどんどん条件をつけていった時に持ち駒がなくなってしまうので今の時点ではいろんな業界に興味を持とうと思った。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
4
2020年4月から始めた私の就活の記録。社会人の方に就活で話に聞いたことをnoteで発進していったら価値のあるものになるよと言われたことがきっかけでスタート。自分が学んだこと、感じたことを日々アウトプットして言語化させていきたい。そして自分の納得のいく就活をする。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。