NATURAL DYEについて ーお手入れのこと
見出し画像

NATURAL DYEについて ーお手入れのこと

ワランスの草木染めは、インドネシアの植物から染料を抽出し染色をしています。染めから色止めまで100%ナチュラルな素材を使用しているため、一般的な化学染料で染められた製品に比べて堅牢度と言われる色の抵抗性が低く、洗濯や日光に当たるなど、使用を重ねるごとに色が変化します。
自然な色落ちは草木染めならではの風合とご理解いただき、自分らしく育てる気持ちで、日々のケアを楽しんでいただけますと幸いです。

NATURAL DYEのお手入れ方法

・お洗濯について

・漂白成分や蛍光剤の入っていない中性洗剤を使用してください。(エマールなどおしゃれ着用の中性洗剤や、天然成分のものがおすすめです。)

・他のものに色移りすることがあるため、単独で洗濯してください。

・洗剤が生地に直接付着すると、変色する恐れがあります。水に洗剤よく
 溶かしてから衣類を裏返して入れ、手で軽く押し洗いしてください。

・洗剤や漂白剤での部分洗いやつけおき洗いはしないでください。

・濡れたまま放置しないでください。

・長時間の脱水やタンブラー乾燥は避けて下さい。

・洗濯後は形をととのえて、裏返しのまま直射日光を避けて陰干ししてください。

・ドライクリーニングは薬品によっては変色する場合がございます。


・保管/お手入れについて

・草木染めは染料の特性上、光(紫外線) に非常に弱く、長時間の日光や蛍光灯の照射によって色が飛んだり焼けたりします。

・直射日光や蛍光灯の当たらない場所で湿気を避けて保管してください。

・着用中の強い摩擦や、汗や雨で湿った状態での摩擦により他のものに色移りすることがあります。

・淡い色との重ね着にはご注意ください。

・汗や汚れが付着した際は速やかにお手入れを行ってください。

・アイロンは低温~中温で、当て布をしてご使用ください。

・天然染料はアルカリや酸に反応して変色します。汗や柑橘類・酢・重曹などには特にご注意ください。

・手指消毒の際のアルコールにご注意ください。



その他にも、以下はできるだけ避けてください。

・直射日光、室内の蛍光灯などの光
・食べこぼし(果汁の酸など)
・洗剤の酸やアルカリ(石鹸もアルカリ性なので避けてください)
・濡れた状態で鉄など金属との接触
・鉄分を多く含んだ水での洗濯
・お湯
・酵素、蛍光入浴剤


NATURAL DYE製品の特徴

画像1

植物から抽出した染料には様々な色素がまざり合っているため、合成染料のようにムラなく均一に染めることは難しく、植物の収穫時期によっても色合いが変わります。
また、ひとつひとつ手作業で染め上げるため、
・色ムラ
・自然染料のハネやシミ
・仕上がり色やサイズのばらつきなど...
があります。これらも草木染め製品の特徴であり、欠陥ではありません。

同じ商品でも機械生産のような正確さはなく、染めのムラや柄の出かたは様々で、まったく同じものは1つとしてありません。

その特性も魅力として、
草木染め独特の美しい色彩の個性
時とともに移り行く色の変化、自然との繋がりを楽しんで、自分だけの特別な一枚に育ててください🌿

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
より良い未来を想像して、、Thank you🌿 by WALANCE
「 Balancing Your Aesthetic ー  あなたに、世界に調和する。気のいいふく 」 ディレクター中村法子とスタッフが綴る、旅のこと、自然のこと、服と暮らしのことを更新していきます🌿 https://instagram.com/wa_lance