見出し画像

撮影現場の必需品。現場で愛される「箱馬」という名の影の立役者|Hero behind the scenes named “Hakouma” is a must-have items at the shooting.

wai


画像4

頑丈で、ちょうどいい。現場のアイドル「箱馬」

スタジオ撮影であろうが、ロケ撮影であろうが、撮影現場に必ずある小さな木箱。
基本のサイズが長辺45cm、短辺30cm、厚さが15cmなので、ほぼA3用紙と同じくらいのこの箱は、実に「ちょうどいい」。
ちょっとカメラを置いておくのに、ブツ撮り中にかさ上げするのに、疲れた時に腰掛けるのに、本当に、とってもちょうどいいのです。
それだから撮影現場では引っ張りだこ。「ちょっと箱馬持ってきて!」「箱馬ください!」の声が飛び交い、その度に箱馬は右へ左へと運ばれ、大切なカメラの下に、疲れた人の下に、高価な商品の下に、クライアントが見るモニターの下に、常に何かの下に置かれて、デンと構えています。
頑丈な箱馬には、「縁の下の力持ち」という言葉がとっても似合うのです。


画像1


画像2


もともと人や重い物を載せるものとして作られた「箱馬」

「箱馬」は、元々は舞台で使われていた物だったようです。
劇場の舞台の上に、もうひとつ高い舞台(二重舞台)を作る時に、土台となる箱のことを箱馬と呼んでいたとのこと。
人や美術を載せても大丈夫なように、上で演者がドタバタと演じても倒れないように、頑丈な木材で作られた箱。人や物を上に乗せるというところから「馬」の字がついて、「箱馬」と呼ばれるようになったと聞きます。
先述した長辺45cm、短辺30cm、厚さが15cmというのは、元々は1.5尺(45.1cm)×1尺(30.3)×5寸(15.1cm)が基準になっていて、なんとなく、その単位から歴史の深さを窺い知ることができます。
古来から舞台の世界で愛され続けた箱馬は、映画や映像の世界でも愛され続け、いまだに私たち映像制作の世界でも、なくてはならない存在として活躍しています。


画像3


「箱馬」愛をこじらせて。

だから、私たちドローイングアンドマニュアル社が、撮影グッズを販売するショップを作ろうと考えた時に、最初のオリジナル商品として「箱馬」をつくったのは自然な流れでした。
だってカメラマン、照明、美術、クライアントまで、撮影に携わるすべてのスタッフが扱う物だから。
私たちのショップは紆余曲折あって歪 / waiと名付けられましたが(その理由はこちら)、その名前とは裏腹に、ぴしっとまっすぐ、頑丈でかわいく、誰からも愛される箱馬を、オリジナルプロダクト第一弾として開発しました。
この箱馬は、歪 / waiのショップがある金沢の家具職人さんに、ひとつひとつ手作業で仕上げてもらっています。一般的には「頑丈だから」と、現場である意味では乱雑に、とってもワイルドに使われることが多い箱馬ですので、私たちの精一杯の愛を込めて、すべての角や面にやすりをかけて、長く大事に使ってもらえる製品を目指しました。

画像12


画像5


画像6


画像11


家でも使える箱馬を。

丁寧に作った箱馬ですので、お子様が触っても怪我をすることはありません。
箱馬本来の使い途に合わせ、高いところにある物を取るための踏み台にしたり、ちょっと腰掛けるための椅子にしたり、ソファと合わせてコーヒーテーブルにしたり、現場での箱馬のように、アイデア次第で色々な用途に使えます。

画像7


画像8


箱馬をいくつか組み合わせると、棚にしたり、机になったり、家具を構成する「パーツ」として使えます。飽きたら組み替えて別の家具にする、足りなくなったら買い足して棚を追加するなど、ライフスタイルの変化に柔軟に対応できるのも魅力です。
ちなみに、金沢の歪 / waiでは、バンカーズボックスと組み合わせて棚として活用したり、商品を乗せる台として使用したりと、お店の展開に合わせて様々な使い方を楽しんでいます。


画像9


画像10

撮影現場に持っていくのも良し、使わない時には家でコーヒーテーブルにするも良し、キャンプで折り畳みチェアがわりに使うのも良し。ちょうどいいサイズと、頑丈さが売りの箱馬は、あなたのライフスタイルに合わせて、きっと末長くお役に立つはずです。

歪 / waiの箱馬が、たくさんの撮影現場の、たくさんの人の生活の「縁の下の力持ち」になることを願って。

https://wai-online.shop/collections/original-product







この記事が参加している募集

買ってよかったもの

我が家のDIY

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
wai
wai/歪(わい)は、DRAWING AND MANUAL KANAZAWAを土曜・日曜日だけ間借りしてオープンするギャラリーショップ。撮影やものづくりで得た知識を落とし込んだ商品の販売のほかにイベントや展覧会などをおこないます。 https://wai-online.shop/