福祉環境設計士の、国内外のヒトモノコト見聞きアーカイブ

21

医師と福祉環境設計士が連載するnoteが書籍化。『ケアとまちづくり、ときどきアート』が…

noteでの総合診療医・守本陽一さんと福祉環境設計士・藤岡聡子さんの連載が書籍化し、中外医学社から『ケアとまちづくり、ときどきアート』として6月18…

20、さながら昔でいう書生のような眼差しで、建物を継ぐケアの担い手たち #リガレッセ #…

日高町荒川区「いのうえさん」から受け継いだ、築150年の家。 入って左手、最も目を引くのは神棚。 神棚の水器を朝晩お供えすることが、夜勤スタッフの…

19、アメリカ・ノースウエスト地域。ごきげんな暮らしやすさをケアの視点からみてみたら…

ことの始まりは、”コミュニティナース”を世に送り出している矢田さんからの1通のメールからでした。 矢田さんが今年のお正月をポートランドで過ごし…

18、まち中に音楽が聞こえると老若男女が踊り出す。 #手拍子足踏み楽団

音楽家の友人、鳥山さんが主宰する「手拍子足踏み楽団」。”体が生み出す音はこんなにかっこいい”という言葉がすごく気になって、2018年12月、東京は豊…

17、企画プロセス全公開。”今のケア現場にこそ、暮らしを豊かにする選択肢を持とう” …

この写真は、2011年ごろ、創業の一人として立ち上げた老人ホームで大学生らと紙すきのワークショップをした時の手元を、友人の写真家が撮ってくれました…

16、ロマンティックバレエから舞台芸術、そして今。ダンスの歴史からひも解く、コヒージ…

この2ヶ月、英国では ”気付いたら混ざっていた”、老いも若きも、ダンス!ダンス!ダンス! #arts4dementia @RoyalOperaHouse 、世界ゴールド祭にて、…

15、医療福祉従事者のバックグラウンドが大きく変え得る未来。高校生も考え始めた、「私…

11月、KAIGOLEADERSが主催するイベント、「高山義治 私たちは「多死社会」をどう描く? 医療と介護が支えるよりよい人生の終わり方」を聞いてきました。…

14、 柔らかな日差し、隅っこ、美味しいお茶、そして仲間たち。老いる道で必要なものは…

英国は、がん患者や家族、医療者などがんに関わる人たちが、がんの種類やステージ、治療に関係なく、予約も必要なくいつでも利用することができる、「マ…

13、 ”気付いたら混ざっていた”、老いも若きも、ダンス!ダンス!ダンス! #arts4deme…

英国では、ケアの現場がいかに、要介護者の表現を引き出しているのか。続けては、arts4dementia というNPOのワークショップに参加してきました。 認知…

12、 ”積極的沈黙”の時間が訪れる奇跡の時間。英国ヘイスティングスでの実践 #drawing…

2018年11月。英国にていくつかケアのアプローチをみてきました。少しだけその実践事例の報告を続けようと思います。 ロンドンから約2時間。ヘイスティ…