見出し画像

Tomcatの導入

ApacheとPHPのインストール
MariaDBのインストール
の後に行うことを想定しています。
行頭に#がついているものはrootユーザーで実行してください。
行頭に$がついているものは一般ユーザーで実行してください。

【準備】OpenJDK 11の導入&バージョンチェック

# dnf -y install java-11-openjdk-devel
# java -version
---
openjdk version "11.0.9" 2020-10-20 LTS
OpenJDK Runtime Environment 18.9 (build 11.0.9+11-LTS)
OpenJDK 64-Bit Server VM 18.9 (build 11.0.9+11-LTS, mixed mode, sharing)
---

Tomcatのインストール

http://tomcat.apache.org/

画像1

左側のDownloadの【Tomcat 9】をクリックします。

画像2

最新バージョン(2020/11/02現在9.0.39)の【tar.gz】を右クリックしてURLを取得します。

URLを使ってファイルを取得します。

# cd /usr/local/src/
# curl -O https://ftp.kddi-research.jp/infosystems/apache/tomcat/tomcat-9/v9.0.39/bin/apache-tomcat-9.0.39.tar.gz

取得したファイルを展開します。

# tar zxvf apache-tomcat-9.0.39.tar.gz

Tomcatを起動するユーザーを作成し、展開したフォルダのユーザーを変更します。最後にTomcatを配置します。(ここではopt以下にしています)

# useradd -s /sbin/nologin tomcat
# chown -R tomcat:tomcat apache-tomcat-9.0.39
# mv apache-tomcat-9.0.39 /opt/tomcat

全ユーザー環境変数の設定
【JAVA_HOME】にJAVAのインストール先
【CATALINA_HOME】にTomcatの配置先
を記載して、PATHに追加します。

# cat << EOS >> /etc/profile
### JAVA Setting Start
export JAVA_HOME=/usr/lib/jvm/java-11-openjdk-11.0.9.11-0.el8_2.x86_64
export PATH=$PATH:$JAVA_HOME/bin
export CATALINA_HOME=/opt/tomcat
export PATH=$PATH:$CATALINA_HOME/bin
### JAVA Setting End
EOS

サービスの登録準備

# cat << EOS > /etc/systemd/system/tomcat.service
[Unit]
Description=Apache Tomcat
After=network.target

[Service]
User=tomcat
Group=tomcat
Type=oneshot
ExecStart=/opt/tomcat/bin/startup.sh
ExecStop=/opt/tomcat/bin/shutdown.sh
RemainAfterExit=yes

[Install]
WantedBy=multi-user.target
EOS

サービスの登録

# chmod 755 /etc/systemd/system/tomcat.service
# systemctl daemon-reload
# systemctl enable tomcat.service
# systemctl start tomcat.service
# systemctl status tomcat.service

確認
 http://【IPアドレス】:8080/

画像3

Apache経由を経由してTomcatに接続

【80】ポートの【java】フォルダで動作させる。(※8080も使用可)

# vi /opt/tomcat/conf/server.xml
------追記します------
122     <Connector protocol="AJP/1.3" port="8009" redirectPort="8443" secretRequired="false" />
------
# vi /etc/httpd/conf.d/tomcat.conf
-----新規
ProxyPass /java/ ajp://localhost:8009/
-----

確認
 http://【IPアドレス】/java/

画像4


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
1
職場のシステム部門管理者やってます。 シンプルな構成が好きな頭の悪いエンジニア。 プログラムはWeb系が主戦場で最近はPHP以外さわれない人になってしまいました。ちなみにPHPもプロレベルではありません。 ニッチな方が喜んでくれる情報を提供できれば幸いです。