フリーランスがもてはやされているけれど
見出し画像

フリーランスがもてはやされているけれど

フリーランスの紹介と言いつつ、準委任契約の常駐案件ばかり。

しかも紹介エージェントからの準委任契約。つまり搾取構造。

フリーランス(要は個人事業主)なのにことごとく準委任契約で稼働日が云々というのはおかしいのでは?

つまり、常駐派遣の短期・福利厚生なしバージョン。

受託開発を個人で請けるのも大変だけど依頼主のオフィスに一定時間いることを要求されていたら派遣社員と変わらない。

派遣社員に比べればずっと裁量のある働き方だろうと思う。それでも結局、ピンハネと人件費の変動費化を進めている流れ。

雇う側からすると今までのIT系の経歴詐欺よりは断然いいだろうから積極的に使う会社があってもおかしくない。

雇われる側としてもフリーランス固有の見積もりや請求書といった事務手続きがなくなるとか、代金の回収の手間がないのは大きい。

それでも結局、自分で営業して、自分で好きなように仕事してこそ本来のフリーランスでは?

フリーランスが偽装請負や偽装派遣の代名詞にならないことを祈ります。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!