読めない物語

       
                     
                                     
 
               
 
    
         
            
  
         
    
                          
  

                   
                        
                               
 
                                  
                                 
                                 
 
        
      
         
                     
 
        
     
 
         

     
【続く】






































…よくここまで来たな。
これか?これはまあ、ちょっとした悪ふざけと、規約の隙を狙った実験だ。
どうも、そういう形式ばった話にゃ歯向かいたくなるもんでね。

何はともあれ、俺はルールを守っているよ。ああ、もしかしたらちょっとだけアウトかも知れん。ともあれだ。大筋の「ルール」を理解した上で、こういう遊びをさせてもらった。

なんのルールを守ったかって?
端的に言うぜ?それは「上限」のルールだ。

わからん?
今回の一番重要な「ルール」は「上限」だ。
重要とは言ったけど、あくまで基準、そこに至らなくてもいい。越えなければ。

で、だ。

上限はあるんだ。上限は。下限がねえんだ。

つまり…そう、さっきまで俺がやってたようなことが、ルール上許されなきゃおかしいんだ!それを証明する実験よ。

まあ、多分連中は許さないんじゃないかな?「これ」も上限は守ってるつもりだが。
これと合わせちまったら、越えちまうからな。

さて、次は何をしようか、ね。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
3