証明×証明 - 回転寿司の証明 -
証明28

証明×証明 - 回転寿司の証明 -

「もし、あなたが殺人を犯したと仮定しましょうか」
「……」
「しましょうか」
「……は?」
「あなたが、殺人を、犯したと、仮定するの」
「あのさ」
「なに?」
「オレ、なんかした?」
「別になにもしてないわよ。あ、それとって」
「えっと……シメサバ?」
「違う違う、隣の。うに」
「うに」
「うにぃ」
「うぬぃ」
「ううぅぬぃぃぃぃ。……ありがと」
「で――オレは別に、何も危険なことはしてないわけだよな?」
「まあ」
「殺人を連想されるようなことは、断じてしてない。寿司を食っている、一小市民にすぎない」
「うん」
「んじゃどうして急に、そんな危険な仮定がでてくるワケ?」
「危険なことを連想させるものが、必ずしも端から見てすぐに危険とわかるとは限らないわ」
「はあ……なんか深い意味があるようで、実はまったくない発言だな」
「ともかく、あなたが殺人を犯したとするのね」
「……まあいいけど」
「で、あなたは逮捕されちゃって、警察にしょっぴかれて、裁判にかけられるのよね」
「かけられるのよね言われてもな」
「で、あなたは裁判で過失を主張するの。でも検察は故意だと主張するわけよ」
「まあ話の流れが掴めないというか」
「そのとき、もし検察がこの事実を握ったら、あなたが実は周到で計算高い性格をしていることが立証されて、裁判官にとても悪印象を与えてしまうと思うの。それできっと有罪にされてしまうのよ」
「おーい……。あのさー、話が吹っ飛んでてついていけないんだけどさあ……。いったいなんのことだよ、おいてかないでくれよ」
「私はそんな、あなたに不利な証拠を残したくないの」
「証拠って」
「だからそれ、やめた方がいいんじゃないかしら」
「なんのことだよ……」
「私の青皿を、自分の赤皿の山の上に重ねるの」
「……」
「気持ちはわかるわ。確かに、一番安い皿ばかり積み重なってるのは、会計するときに恥ずかしいわよね。ああ、あいつ一番安いのしか食ってねえぞって、貧乏人めって、みんなに後ろ指さされるかもしれない」
「そこまで」
「でもだからって、青皿を一枚だけ一番上に載せて隠すなんて、それってなにか卑怯じゃない?」
「いや、これはさ……」
「それに会計するときは皿の色だってチェックするんだから、それじゃ隠したことにならないでしょ?」
「いやもちろん席を立つ前に、赤と青と黄と緑全部混ぜて、偏りがなく相互に、縞模様として現れるように並べ替えるつもりだったよ」
「……」
「そうすれば安い皿ばっかりとってたって印象も薄まるし。完璧な縞模様じゃ逆に不自然だってんなら、ところどころ偏りをつけてもいいけど」
「……」
「その哀れむような瞳は何?」
「あのね」
「うん」
「あなた、いっつも回転寿司に来ると、一番安い皿しかとれないわけ?」
「うん、親の躾でさ」
「躾……」
「子供の頃から回転寿司来ると、親が一番安い皿ばかりとるの見てたからさ。なんかこう子供心に、他の皿はとっちゃいけないんだな、って思ってたの」
「……幼少期のトラウマというやつね」
「んでそのまま成長して、他の色の皿に、ある種の禍々しさみたいなものを感じるようになっちゃったワケ」
「哀しい話だわ」
「こう、高い皿をとると、心が罪悪感に耐え切れないというか……」
「それで私が他の色の皿をとると、ちらちら盗み見てたわけね」
「……見てた?」
「見てた。捨て犬が、人間が部屋の中でおいしそうにご飯食べてるのを、窓の向こうから見つめるような……そんな目つきで、見てた」
「くうん」
「がらがらがら」
「くんくん」
「しっしっ、てめぇに食わせる飯はねえんだよ」
「きゃんきゃんっ」
「……」
「……きゃうん……」
「ごめんお願い、そんな目で見ないで」
「……おう」
「ともかく、そんな数十円程度の違い気にしないで、なんでも食べればいいでしょ」
「だってさ……」
「別に無理して奢らなくたっていいわよ。割り勘。割り勘なんだから食べないと損よ」
「そういう問題じゃないんだよなあ。信念の問題というか」
「回転寿司なのよ回転寿司。カウンターと違うのよ。安いのよ」
「うーん……」
「まったく……回転寿司でこれじゃ、一生カウンターなんて行けないわね。この貧乏性」
「カウンター行きたいの?」
「行きたーい。寿司屋のカウンターでうにを注文しまくるのが私の夢」
「ほう」
「いっつもいっつも回転寿司じゃなあ……。夢がない」
「でもさ」
「ん?」
「君はそうやって回転寿司を嫌うけども」
「別に嫌ってはないわよ」
「カウンターっていったって、結局は回転寿司だろ?」
「……はい? ……カウンターはカウンターで、回転寿司じゃないでしょうが」
「いや、まあ聞けよ」
「はあ」
「つまりさ」
「はあ」
「地球が回り続ける限り、」
「地球が回り続ける限り?」
「すべての寿司屋は回転寿司なんじゃないのか?」
「……」
「……」
「……は?」

この続きをみるには

この続き: 5,262文字

証明×証明 - 回転寿司の証明 -

針とら

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
小説家。児童小説中心に活動してます。 「絶望鬼ごっこ」シリーズ(集英社みらい文庫)、「死神デッドライン」シリーズ(角川つばさ文庫)、「恐怖の帰り道」シリーズ(学研プラス)など。 noteでは雑記とか創作論とかプロットとかをちょろちょろと書いてます。