業務提携
見出し画像

業務提携

うーやん

9月10日に、SBIホールディングス(SBIHD:インターネット金融大手)の新生銀行に対するTOB(株式公開買い付け)が始まりました(現在19.85%→目標48%)。SBIHDは、2019年から新生銀行株の買い付けを始めていて、継続的に資本業務提携の提案を行ってきましたが、前向きな回答を得られずにいました。逆に、新生銀行は、SBIHDとライバル関係にあるマネックス証券との業務提携を発表。不信感が強まり、今回のTOBに発展したようです。SBIHDは、新生銀行の社長を含む取締役の刷新を考えている。お互いの対立姿勢が鮮明ですね。敵対的TOBだな。新生銀行は、ホワイトナイト(友好的な買収者)の登場を期待していますが、どうなるか。新生銀行社長は、10日従業員に「今後、取締役会で対応を検討」とメールしましたが、具体的な中身がなく、若手を中心に動揺が広がっているらしいです。「一緒にやっても、うまくいかない」との声が出ています。

最近は地方銀行を中心に業務提携の動きが活発化しています。日銀は、他行との連携や業容拡大に取り組む地銀ほど収益改善している、という分析結果をまとめています。銀行は送金・決済を担う装置産業なので、事業規模が大きいほど優位になりやすい。だから業務提携によって経費率が抑えられ、経営改善する例が多いようです。規模の経済ですね。実際、SBIHDも多くの地銀と資本業務提携をしています。

業務提携というと簡単そうですが、資本業務提携となるとそうはいきません。経営関与になるし、関係解消も簡単ではない。こじれているのに、提携して大丈夫かな?とシンプルに心配になります。私たちの日常の仕事でも、よく「連携しよう!」と言いますが、その中身が大事です。特に大企業は細かく役割分担しているので、連携(のりしろ)はあたりまえ、というか前提です。それができないなら、らエンドトゥーエンドでやるしかない。さらにシナジー効果発揮はもっと難しい。「シナジーなど幻想だ」と言う経営者もいるほどです。業務提携も、その効果が「固定費の削減」だけではただの投資になってしまう。前向きで具体的な理想像を示す必要があります。正論ですが、そう思います。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
うれしいっす!
うーやん
1964年生まれの50代後半。千葉県在住のおじさんです。メーカーで、工場労務、営業、マーケティング、人事(採用・教育)、監査など様々な仕事を経験しました。この経験と、人材開発、マーケティングの知見を活かし、ふつうの会社員が生き生きと楽しく仕事ができるよう貢献したいと思います。