見出し画像

🐲謹賀新年🐲2024年もよろしくお願いいたします!~今年のスローガン・安全運動方針発表!

新年あけましておめでとうございます。
千葉にあるプラント配管工事会社・生塩工業の広報担当、imaです🎶
 
2023年もあっという間に過ぎ、2024年の幕開けです。
新年最初の記事は、新年の挨拶と会社の年間スローガン(目標)や、安全祈願などの報告をさせていただきたいと思います。
 
 
今年のスローガンは『一人ひとりのプライドが、USHIOブランドを育てる。』に決まりました! 


↓実際のデザインをみなさんにも共有 ♩↓
 

 
ようやく皆さんにも発表することができ、とっても嬉しいです!
 
昨年度もMVVを意識してもらうことをテーマにスローガンを制作。今年も継続して意識してもらえるようMVVに着目して制作しました。
 
生塩工業では、全従業員が大切にするべき考え方や姿勢をMVV(企業理念)にまとめています。
当社のMVVを要約して説明すると、プラント配管工事を通して「暮らしの血管」「人と人の絆」をつくるために、お客さまと社会に必要とされ続けよう。そのために、安全・工期・品質・コストにこだわって毎回迷いなく選ばれるような仕事をしよう、という内容です。
MVVの実現のためには、一人ひとりが自分の働き方や考え方を見直して、期待以上の仕事をすることが求められます。
 
今年は中でも「自分の役割を考える」「必要とされ続ける」に重点を置いて制作しました。
従業員一人ひとりがプライドを持って仕事と向き合い、生塩工業のブランドを育て上げていければと考えています!
 
続いて安全運動方針を発表!
 
今年の安全運動方針は『自分の役割に誇りをもち、必要とされ続ける人材、企業へ。』に決定! 


↓こちらも実際のデザインをみなさんにも共有 ♩↓

 
生塩工業には、安全衛生委員会という組織があり、毎年掲げる会社のスローガンに沿って、「本質の部分(スローガンの言葉を具体的に分かりやすく表したもの)」を安全運動方針として掲げています。つまり、従業員がどう行動すればスローガンの内容を達成できるのかを示したものです。
 
今年の安全運動方針のテーマは、スローガン同様「自分の役割を考える」「必要とされ続ける」。
 
自分の役割に誇りをもち、必要とされ続ける人財、企業へ。
① 目の前の仕事の意味。
② 自分が働く意味。
③ 生塩工業が存在する意味。
④ 考えて、行動して、必要とされ続ける存在になろう。
 
心からの共感を得て、実現できるよう、スローガンと安全運動方針を通じて大きく掲げ、全従業員に改めて意識してもらえたらと思っています。

安全大会でスローガンを発表しました!

 
仕事始めに、従業員全員が顔を合わせて1年のスタートを切る「安全大会」が開催されました。一部、現場の関係で来られない人もいましたが、総勢90人が顔を合わせて開催。
 
工場にはスローガンが書かれた巨大な横断幕が!
実は、今年も私が色味や装飾などのデザインを担当したんです。全員の前で発表するときは自分たちで横断幕を持って前に立ちました。とても緊張しました💦また今年も形になったことが何より嬉しかったです。
 

 
毎年お世話になっている近所の神社に、1年の工事の安全や会社の繁栄を祈願しに従業員たちで行ってきました!
私は今年で2回目の体験!
2024年も事故や災害もなく、安全に事業を行えるよう、スローガンの言葉や安全運動方針の言葉を胸に励んでいきたいと思います。
 
最後に、本年もよろしくお願いいたします🎍

この記事が参加している募集

広報の仕事

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?