UPBOND

「Web3.0技術の社会実装」を目指しています。Walletプロダクトを基軸に、様々な産業のWeb3.0活用を推進しています。こちらのnoteでは、Web3.0を活用したユニークな事例や、ブロックチェーンについての技術ブログなど発信してまいります。

UPBOND

「Web3.0技術の社会実装」を目指しています。Walletプロダクトを基軸に、様々な産業のWeb3.0活用を推進しています。こちらのnoteでは、Web3.0を活用したユニークな事例や、ブロックチェーンについての技術ブログなど発信してまいります。

    最近の記事

    web3.jsでローカル環境にデプロイしたコントラクトをNext.js(Typescript)で使ってみる

    UPBONDの須加尾です!最近Web3技術で開発することが多くなってきて情報共有として記事に残しています。 本記事の対象者Web3技術に興味がある Next.jsにWeb3技術を導入したい 独自通貨を作成してみたい 元記事はこちらになります本記事のリポジトリぜひ参考にしてください! Next.jsの環境構築## Next.jsのプロジェクトを作成$ npx create-next-app . -e with-tailwindcss## npmモジュールを生成$ np

    スキ
    2
      • UPBONDの会社自己紹介(Web3.0の事業とWalletサービスの概要)

        こんにちは! 今年もYoutubeにM-1の予選動画が上がり始め、漫才熱が高まっている渡辺です。 ちなみに今のところ一番笑ったのは、ななまがりです。 さておき、こちらはUPBOND(アップボンド)という会社のnoteなのですが、一応、ささやかながらも目的があって投稿させていただいております。 まず、『なんてったって知名度がない。』 芸人さんが漫才の掴みでよく言う、 『名前だけでも覚えて帰ってください』という一言。 この言葉がnoteの目的と言っても過言ではないです。

        スキ
        25
        • 「スタートアップワールドカップ日本予選2022」のピッチコンテストにて、セガサミー賞と5,000万円の投資賞金を受賞いたしました

          はじめまして! UPBONDのブログ1本目の投稿を書かせていただきます渡辺です。 私はお笑いが大好きなのですが、 先日、サンドウィッチマンの漫才の入りくらい興奮することがありました。 (「世の中に興奮することっていっぱいあるけど、一番興奮するのは〇〇だね」「間違いないね」のやつです。) 何がそんなに興奮したかと言うと、タイトルにもある通り、 「スタートアップワールドカップ日本予選2022」のピッチコンテストにて、弊社UPBONDがセガサミー賞を受賞し、5,000万円の投

          スキ
          15