見出し画像

【Pカップ】仕事と両立しながらプラチナ目指して走った結果…

全国のプロデューサーの皆様初めまして。
うめっしゅと申します。
今回は3周年記念プロデューサーズカップを初めてプラチナ称号を目指して走ったことを記事にしてみようと思ったので執筆してみました。
拙い文章ですが、どうかよろしくお願いします!

まず初めに
皆様8日間本当にお疲れ様でした!

トップを走り続けた方。脅威の捲りを見せた方。
本当に尊敬します!Pカップを盛り上げていただきありがとうございます!楽しかったです!

それでは本題に移ります!

自分がシャニマスを始めたのは2年前の9月で、
ちょうど≠三峰がガシャで出ているときでした!
そして、1ヶ月ほどして始まった1.5周年記念Pカップ。
この時はボーダーもあまり高くなく、1回のプロデュースで100万行けばいいなぁくらいの感じでボチボチ頑張っていたらあさひの金称号を手に入れることが出来ました!

しかし、2周年、2.5周年は別のゲームに勤しんでいたのであまり走れず銀称号。
そして迎えた3周年。今回奇跡的に休みが3.4日ほど被っていたのでプラチナ目指して走ることを決意。編成も整えいざ戦場へ。

編成
Vo,Vi2極
気分で空青あさひとメイドあさひ入れ替え
夕街凛世
うちくる愛依
花めぐる
狼煙果穂
階段灯織
端末はiPhone12Pro

1日目

この日は仕事があったので帰宅後18:30頃から2:00まで走りました。
結果は5500万人で25位。まずまずの走り出しといった感じ


2日目

この日はお休みだったので、走れるだけ頑張り1億稼ぎました

3日目

この日は朝からお仕事で、リフレを朝までにしていたので職場で走れそうなら走ろうと思っていた矢先、急遽仕事が舞い込んでしまい仕事中は走るのを断念
夕方家に着いてから夜中の2時まで気合い出して走りました。
この日は約6200万人の稼ぎ。

4日目

この日は朝から健康診断でしたが、健康診断の待ち時間を利用して走ったりしていたので結構稼いでいたのですが、ここ数日の疲れが溜まっていたのか1番懸念していた『寝落ち』をカマしてしまいました。
稼ぎは8000万


5日目
この日は朝からお仕事
午前中は忙しく走れず、午後もボチボチ忙しかったので少ししか走れませんでした。
そして帰宅後、翌日のリフレを18-24時にセットし24時間走ろうとしました。時速を維持しつつ頑張っていた朝6時半。さすがに疲れたので小休憩をしようとしたそのとき。
完全に意識を失った。目が覚めると11時30分。
やっちまったと思いつつ走るしかなったので18時まで走りきる。
この日の稼ぎは1億6000万人。

5日目

日曜日。
リフレ時間は1時間の仮眠しか取れなかったけど、走るしかないので0時から開始。
6時半頃激しい眠気が襲いかかる。
しかしここを耐え午前11時頃。少し横になりながら走っていた。そして瞬きをしたその瞬間。5時間も気を失っていたのである。
この日の稼ぎは1億。この辺から完全に心折れていってます。

6日目

この日は13-21:30で仕事だったので
0-12まで走り仕事に行って12-18でリフレ入れていました。0時から走り始め7:30頃。さすがにこのまま仕事行くのしんどすぎると仕事まで睡眠を取り、18時頃から職場で軽く走っていたのですが電波が悪い悪い。時速はだいぶ下がってましたが程々に走り帰宅。

最終日

帰宅後次の日も同じ時間に仕事だったので、走れるところまで走ろうと頑張りました。
アドレナリンドバドバで初めて時速1000万人に到達したりめちゃくちゃ集中していました。
しかしやはり攻め手を止めない睡魔達。
4時半頃に1時間だけ仮眠しようとお布団に入り目が覚めたのは10:40頃。完全にやらかしたと眠い目をこすりながらゆっくり走りフィニッシュ。


結果は6億8400万人で15位
不甲斐ない結果に終わってしまいました。

今回の敗因は想定以上の過密スケジュールと事前準備不足。そして1番大事な『気合い』をわすれてしまったことですね。
そして、あさひ走者がみんな強すぎる!
追いつくのがきつくてメンタルめちゃくちゃやられてました!

今回走っている時は果穂1位の方と、他Splatoon勢の知り合いと雑談しながら走っていたので頑張れました!ありがとうございます!
そして見出したIDB走法(いつだって僕らは)
ノクチルのいつだって僕らはを聴きながら走るのめちゃくちゃオススメです。耳触りがよくリズムも一定なので作業用にシャニ曲の中で一番適していると思います! あとはDie the skyもめちゃくちゃ捗る。

終わりに
 


3.5周年Pカップもあさひで走る予定ですが、気合いを忘れず無理のないスケジュールで走りプラチナを目指したいと思います!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!