Uka /ウカ* アカシックリーディング

アカシックレコードリーダーUkaの体験をありのままに書いています。 だれもが旅人のこの生を惜しみなく生きれるよう、だれかの「きっかけ」になれたら幸いです。 自己紹介、今月のスケジュール、お問い合わせ等はこちら▶https://linktr.ee/uka.tree

Uka /ウカ* アカシックリーディング

アカシックレコードリーダーUkaの体験をありのままに書いています。 だれもが旅人のこの生を惜しみなく生きれるよう、だれかの「きっかけ」になれたら幸いです。 自己紹介、今月のスケジュール、お問い合わせ等はこちら▶https://linktr.ee/uka.tree

最近の記事

人生の選択肢

人生の選択の基準は、 ⁡ その人が 「何を体験したいか?」 ⁡ によって変わってきます ⁡ ⁡ 客観的にみれば明らかに Aの方が幸せになれそうなのに ⁡ 困難そうな Bの方を選択する方がいますが、 ⁡ ⁡ 意識(頭)ではわからない、 その方の魂の課題が隠れていることも ⁡ (もちろん、その他にもいろんな要因が絡み合っている場合もありますが…) ⁡ ⁡ ⁡ 私の話でいうと、 ⁡ なんでもまずは自分でやってみて 検証したい性質なので ⁡ あえて仕事でも恋愛でも 上手くいない方を選

スキ
1
    • 限界を超えていくフェーズへ

      久しぶりのノート。 クリエイティブな作業には波があり 最近やっと湯水のように伝えたいこと、 主に書きたいことがふつふつと 湧いてくるようになりました。 この数ヶ月で私の活動場所も オンライン、テキストベースから 東京の占い処、イベントに移り変わり、 音声や動画での配信なども練習しています。 やはり自分が「活きる場所」というのは こういった表に出たり、人と会ったり そんなところのようで、 病んでたり引きこもって 人と会いたくないなんて言っていた頃とは もう生きている

      スキ
      1
      • 生きやすい世界へ

        本日、はじめてお金をいただき お客さんのアカシックリーディングを させていただきました^^ メニュー化するまで 内容はどうする?技術は十分?とか 完璧主義でなかなか 進めない自分もいたのですが ある時、「見切り発車」という キーワードが自分のなかでしっくりきて とにかくやる!と決めて サービスの出品に至りました。 時代の後押しと共に 自分で商売をすることや スピリチュアルをお仕事にすることに 抵抗もなくなってきて 「スターシード」や「発達障害」 「LGBTQ」など 人

        スキ
        6
        • 葛藤を受け入れたら上手くいった話

          若い頃から自立心のあったわたしは 高校を1年で中退しそこから働き出した訳ですが 未成年の親の保護下にあるうちは 一人暮らしを始めたくても親の署名が必要だったり なかなか思い通りにいかなかった訳です 大人になってようやく一人暮らしを始めても 今度は仕事が続かなくて貯金も減り 結局、実家に出戻り そんなことを長い間繰り返してた訳ですが ある時、いつも通りまた実家を出ようとしていた時 偶然、「自己PR」に関する議題の番組をみていて その番組でホストのローランドさんが 語って

          スキ
          1

          神社・神殿と身体の話

          過去にエジプトのルクソール神殿を訪れたとき 神殿を上からみると身体と同じ構造 という記事をどこかで見て 「これは!」となったことがあります 私がこちらの神殿を訪れたときは 観光客で大変賑わっていたのですが、 神殿の一番奥の「頭」にあたる場所で 座って目を閉じ瞑想する男性の姿が印象的でした 日本の神社の構造も同じで 鳥居をくぐり参道をわたり本殿にいたるまで やはり神殿と似ているところがあります これは、人は神である という隠れたメッセージなのでしょう 念のため宗教

          スキ
          2

          アカシックレコードとの出会い

          私がアカシックレコードに出会ったのは 約2年ほど前のこと はじめて聞いたときは 「レーシックみたいな名前だなー」 くらいの認識でしたが、笑 当時、アカシックの先生が開催している 講座のパンフレットが 神秘的でとってもカッコよくて アカシックレコードという名前にも なんだかワクワクしたのを覚えています^^ その先生は講座以外にも カウンセリングをされていて、 人生に行き詰まり悩んでいた私は そちらの方でお世話になっていたのですが スピリチュアル初心者の私には 「なんでそ

          スキ
          9

          Ukaについて #自己紹介

          元気で活発、よく日焼けした小麦肌の少女 海で泳ぐ、友達とおにごっこ、夏祭り、 砂場で遊ぶ、鉱物に触れるのが大好き 将来の夢はセーラープルート 両親との3人暮らし ……そんな幼少期から一転 小学校2年の時、 祖父の死と同時に祖母の家へ 一家での引っ越しをきっかけに 人生が暗い方へゆっくりと変化していった 引っ越しと共に人間関係が複雑になって 仲のいい友達ができても 小中ともに卒業する頃には仲違い 言いたいことが上手く表現できず 苦しくて異様に泣き続けてしまったり

          スキ
          3

          「目覚め」のきっかけ

          雨の降る東京 その日は春分の翌日で私は彼岸のお墓参りへ きっと両親だろう すでに綺麗な花が添えられていて 私はお墓の前で手を合わせご挨拶をし、 その場を離れる 境内の桜は生憎まだ満開とはいかないが 大きな木の幹からは小さな花が4輪ほど咲いていた 帰り道、いつものようにぼーっと電車に乗り 吊り革をつかみ、ふと顔をみあげると 見慣れた名前の駅名が目についた それは以前からお世話になっていた方のお名前 「これは….」 と思い一度目を伏せて 今度は反対側をみあげると これま

          スキ
          3