上江洲書店プロジェクトより新刊のお知らせ
見出し画像

上江洲書店プロジェクトより新刊のお知らせ

3月18日販売開始
『上江洲義秀 質疑応答集 Part2』
愛の火が燃え伝わったとき 世界に平和が訪れる
332ページ/2500円

アセンションを迎えるこの時代にぴったりの質疑応答集です。

約2年半ぶりに上江洲書店プロジェクトより、新刊『上江洲義秀 質疑応答集Part2』が出版されます。ふれ愛の会、無限(3月)、山口セミナー、平和への道セミナー(山梨・琉球)、沖縄セミナーのほか、3月18日以降の販売が可能なセミナー会場での取り扱いとなります。また通信販売の受付もさせていただきます。通販をご希望の方はお名前、ご住所、お電話番号、冊数をご記入の上、上江洲書店プロジェクトuezushoten@gmail.comまでメールにてお申し込みください。クリックポスト(送料198円/1冊)での発送を予定しております。また長期セミナーと重なった場合はお届けまでに2週間ほどお時間をいただくこともございます。あらかじめご了承ください。なお、4月中旬以降、アマゾンでも販売予定です。どうぞよろしくお願い致します。※送料は注文者様のご負担にてお願い致します。

(最新!こちらを使用してください)質疑応答集2のコピー


上江洲先生からのメッセージ満載の充実した内容です。目次をご紹介させていただきます。

序文〜私の命と引きかえにこの地球を救いたい

1章 上江洲先生のこと
・ターニングポイント
・南米から日本へ
・結婚
・真栄田岬
・ただ光となりなさい
・内在の神よ、あなたに任せます
・神の愛に惹きつけられる一人が欲しい
 書①聖星

2章 黄金時代の図面
・神様の目的
・なぜ黄金時代に向かうのか?
・アセンション
・一人の影響は全体の影響
・予言
・神の創造は一瞬
・黄金時代はいつ訪れる?
・愛のバイブレーションに同調して

3章 自分とは何者なのか?
・自分らしい生き方
・元々の私たち
・エントロピーの法則
・創造の力
・謙虚な心があれば
・無限のエネルギーを与え生かされている
 書「天心無我」

4章 永遠の命を生きる
・もうすぐ肉体を脱ぐ友に
・命は決して死なない
・永遠の命こそがすべての本質
・いちばん最高の祈り
・死んで成仏はない
・先祖供養
 書「意志 忍耐 勇気 努力」

5章 どれだけ本質に近づくことができたのか
・努力
・今、与えられている環境
・静と動の明想を
・遠くにいても近い存在
・「苦」も「楽」も同じに扱う
・命をかけても目標に到達したいか
・努力に勝る天才なし
 コラム「真栄田岬」

6章 明想の素晴らしさ
・生活そのものが明想
・明想の目的
・雑念が湧き出たら
・どこに意識を集中するか
・アジュナから離れてしまったら
・浄化作用
・明想中の恐怖感

7章 智慧の泉、わが内に
・どうか私を正しい道に導いてほしい
・苦しみとは
・直感・天啓・メッセージ
・夢はさまざまな意味をもっている
 書「踏まれても ふまれても 根強く忍べ道芝の やがて花咲く春も来るらん」

8章 切り替え上手でありなさい
・すべてを司っているのはあなた
・縁に触れて怒り
・ネガティブを手放したい
・ゆるして一歩先に進みたい

9章 愛を得ようとする者 愛を失い 愛を放つ者 愛を得る
・自分を愛すとは
・99人愛せるのに ただ一人愛せない
・嫌いな人間ほど愛せるか

10章     真の調和とは本質との合一
・本当のバランス
・内を観よ、内を観じ生きよ
・偽我同士ならどちらも間違い
・偽我の誘惑を超越したい
・たとえ偽我であっても
・恐怖には立ち向かう
 書「愛守心」
 コラム「物を大切にするとは」

11章     物質を動かしているのは想念・思い
・すべては意識の作用
・聖なる地をつくる
・先生のように自由な人になりたい
 コラム「神棚・祭壇・仏壇とは」

12章     真実の教育
・子どもの教育はいつからか?
・家族に結ばれた意味
・子どもを預かった目的は一つ
・強い子に育てたい
・すべては体験・経験にすぎない
・智慧からの対応
・身口意のどれを使うか?
 書「不滅の生命」「菊」

13章 すべては一つの命に生かされている
・命あるものはすべて喜び悲しむ
・宇宙人はあなた
・陰石・陽石
・破壊的なエネルギーを愛に
 コラム「すべては象徴」
 コラム「すべての進化・成長を助けるために」

14章 神は一点の狂いのない愛の法則
・神の御心のままに
・神は一点の狂いない愛の法則
・法則はどうあらわれるのか
・神との一体感こそ最高の愛
 書「愛の伝燃」 

15章 愛の伝導体でありなさい
・愛守心そして愛の伝燃
・7つのチャクラを背負う島
・八ヶ岳の麓から
・あなた方の喜びが わが喜び
・熟した果実に小鳥は集まる
・誰もが必ず本質・根源へ帰れる
・命がけでついてくるならば
・2020年12月23日
・永遠、不滅、未来永劫の想い
 書「地球」

跋文〜

一人も欠けることなく 

一人も落ちることなく

絶対実在の世界へ連れ帰りたい


・付記 学びの友の物語「理由書」 Y・Cさん

書「我が内なる灯火にいきる 自灯明・法灯明 我が道として」
書「くもりなき心に美しい姿」


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
上江洲義秀先生の光話や質疑応答を本にする活動をしているプロジェクトです。 上江洲先生からのメッセージや、おすすめ光話の文字起こしなど、タイムリーな情報を発信する場所にしていきたいと思います。どうぞよろしくお願いします!!