見出し画像

プロの写真家に「いいかんじに子供を撮る方法」を教わった話

先日、プロフォトグラファーである鈴木心(@SUZUKISH1N)さんの「子どもをうまく撮れるようになっちゃうスマホ撮影講座@アクアパーク品川水族館」に参加しました。結論から言うと子供をうまく撮れるようになっちゃいまして、これは全国のパパママに伝えねば!ということで、まとめnoteを書きます。それではGO!

アセット 11-100

鈴木心さんとは

写真家の名前を気にするシーンは多くないと思いますが、こと鈴木心さんに限っては、作品を見ればおおよその人が「あ、見たことがある!」と言うのではないでしょうか。

そうです、JR SKISKIの「こたえは雪に聞け。」とか、サントリーの「角ハイボールがお好きでしょ。」とかを撮影された方です。

こんな方に写真のコツを教われるの!? ほんとに!?
教われたんです。なので皆さんにもおすそ分けします。

コツは「人間の物の見方を知ること」

画像12

教わったのは「人間が普段、どのように物を見ているのか?」についての4つの視点。というのも、人間は目で見たものを脳で補正して認識するため、カメラとは物の見え方が違うのだとか。

鈴木心さんいわく、良い写真とは「見た人に自分の感動を伝えられる」写真なのだそうです。つまり、カワイイ!と思ったその瞬間を収めて、その写真を見た人にも同じカワイイ!を味わってもらうということ。

相手に感動を伝えるためには、自分が見ている世界をカメラにきっちり残さなければなりません。そのために、まず「人間が普段どのように物を見ているのか」を把握する必要があり、中でも焦点・距離・顔の向き・三半規管、この4つのポイントが重要なのだそうです。


1 | 焦点・伝えたいことにピントを合わせよう

両手の指をそれぞれ一本ずつ、計2本、目の前に差し出してみてください。じっと見ていると焦点が合ってきて、指紋が見えてくると思います。
では、両手の指紋を同時に見ることはできるでしょうか?

画像10

そう、基本的にはひとつの指紋にしか焦点を合わせられないんです。なので、伝えたいこと、注視しているもの(=今回の場合は子供)にピントを合わせて写真を撮ると、見ている世界に近い形で写真が撮れるのだとか。

2 | 距離・目とカメラの位置を合わせよう

写真は距離によって情報量が変わってきます。寄りなら表情、全身なら服装、もっと引くと景色……伝えたいことに合わせて、被写体との距離が違います。また、子供の場合は視界が低く、大人の高さで撮ると上手く表情が撮れません。

画像11

特にカメラのズーム機能を使うと、実際の目の位置とカメラの位置がズレてしまい、被写体との距離もズレてしまうので、慣れないうちは体ごと近付いて撮った方がいいだろうということでした。ズーム機能を多用していたので、これは目から鱗でした。

3 | 顔の向き・注視したいものの方を見よう

カフェで恋人と話している時に、となりの席を向きながら話す人はいるでしょうか。いないと思います。人間は基本的に、相対しているものをまっすぐ見るようにできているため、伝えたいものを画面の中心に置くことで、写真のテーマが定まるということでした。

画像12


4 | 三半規管・地面と平行に写真を撮ろう

これが1番衝撃的でした。人間には視界を平行に保つための機能「三半規管」が付いていて、頭を激しく振っても、世界が斜めになったりしないのです。自動車やブランコで激しく揺られても視界がグワングワンと揺れないのはこのおかげで、これがないスマホのカメラは「傾けただけ、視界も傾いてしまいます」。

画像8

↑の画像はスマホを垂直に撮影した時の壁紙(左)と、斜めに傾けた時の壁紙(右)の写真です。カメラの場合は傾ければ傾けただけ視界も傾きます。人間の場合は頭を左右に振っても、基本的に平行が保たれます。

つまり、斜めに撮られた写真は、普段見ている景色とはちょっと違うものなのです。見ている世界を撮るのであれば、地面と平行に写真を撮った方がいいだろうとのことでした。

5 | あなただけの偏愛を発揮しろ!

以上4つを踏まえて、最後に頂いたアドバイスは、「あなただけの偏愛を発揮して、あなたにしか撮れない写真を撮りましょう!」。子供の親はわたしたち、だからこそ撮れる写真があるだろうと。そんな風に言われると気合が入ります。

Google Pixel3はすごいカメラ

いきなり何の話だ。
という感じですが、実は今回のイベント、心さんの講義のほかにもう一つ、「上手に子供が撮れちゃう」ための強大な武器が授けられていました。

Google Pixel3。もうこれはスマホ機能が付いたカメラです。最近のカメラは電話も出来るんですね、すごい。

という冗談はさておき、pixel3のカメラ機能は目をみはるものがありました。私は常々、友人らに「子供が出来たらカメラ機能の良いスマホを買え」と言い続けているんですが、間違いなく最有力候補だと思います。説明するより写真を見ていただいた方が説得力があると思いますので、早速ご覧ください。


実際に撮った写真がこちら

以上の点を踏まえて、私(@u_vf3)と夫(@13imi)が撮った写真が以下になります。

アセット 9@3x-100

アセット 8-100

アセット 4-100

アセット 3@3x-100

アセット 2@3x-100

アセット 6-100

アセット 1-100

控えめに言って最高なのでは!!!!!!??????

いかがだったでしょうか。我ながらめっちゃよく撮れてると思います。どの写真もめちゃくちゃプリチーフェイスなのですが諸般の事情によりお見せできないのが残念です。

ありがとう鈴木心さん、ありがとうGoogle pixel、ありがとうnoteさん(主催)。これを読んでくださったみなさんの明日の写真が、今日よりも可愛くてサイコーなものになりますように。おわり。

この記事が参加している募集

イベントレポ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは息子のおやつ代になります。最近はズッキーニを焼いたものがマイブームみたいです。

超大吉
133
2歳の息子&夫と暮らすbosyuのUIデザイナー / 経済メディアBusiness Insiderのライター / 仕事や育児、家事諸々の効率化を考えるのが趣味

こちらでもピックアップされています

家庭を効率化することに執念を燃やす家のマガジン
家庭を効率化することに執念を燃やす家のマガジン
  • 18本

家庭を効率的に回すことに執念を燃やし血道を上げるイミー(@13imi)とムラキ(@u_vf3)が、家と育児と仕事とその他に諸々の事柄について書いた記事をまとめたマガジン。

コメント (3)
中原さん、ありがとうございます!どれだろ?イルカが写ってるやつかな?頑張って撮ったので嬉しいです🥰
とても参考になりました。レポートしてくださってありがとうございます。
水平に撮る、は全然できていませんでした。明日からぜひ試してみたいと思います。
ウトウトハットさん、ご参考になったなら嬉しいですー!(ぜんぶ心さんの受け売りなのでお礼は心さんに(笑))
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。