詩太(ウータ)
旅するみんなの好きなところ展。|オンライン個展
見出し画像

旅するみんなの好きなところ展。|オンライン個展

詩太(ウータ)


世界中を旅するタウ爺(たうじい)という一人の画家がいる。マントにトンガリ帽子がタウ爺のトレードマーク。きっと今この瞬間も世界の何処かを旅しながら絵を描いていることだろう。


これは、タウ爺が日本を旅した際に書き残した旅日記の一部である。一緒に覗いてみよう。


画像1




2019年、春。


世界を何周かした後、生まれ育った故郷日本に辿り着いた。ちょうど桜が満開の頃に立ち寄った奈良県、藤原宮跡。菜の花と桜の色が美しかった。

画像2

(奈良県橿原市)



桜を眺めていると、ふと、若い頃に恋人と一緒に歩いた紫川沿いの桜並木の記憶が蘇ってきた。懐かしいなぁ。彼女は元気にしてるだろうか。

画像3

(福岡県北九州市)



紫川といえば、毎年、桜橋あたりの鯉のぼりを眺めながら、河川敷にみんなで座ってパン食べたっけな。あまりにも鯉のぼりが気持ち良さそうに泳ぐもんだから、並んで泳いだりもしたなぁ。ほんと阿保だったなぁ。

画像4

(福岡県北九州市)



次に、香川県の小豆島という島に来た。この島は、どこを切り取っても美しい。青というか水色というか、爽やかな空と海がずっと私を包んでくれている。二十四の瞳映画村というところにあった小学校跡は特に趣があって素晴らしかった。こんな環境で学べたら最高だろうな。

画像5

(香川県小豆島町)



やはり、日本の景色や建物は美しい。千葉県の佐原の町並みには古き良き風景が残っていたかと思えば、隣の東京には東京スカイツリーという天まで届きそうな塔が建っていて、数時間で時代をタイムスリップしたようだった。

画像6

(千葉県香取市)


画像7

(東京都墨田区)



茨城県にも立ち寄った。キッチンやさい畑というお店で食事したが、野菜が新鮮で美味しかった。店内に居たお地蔵さんが可愛かったので、つい帽子をプレゼントしてしまった。新しい帽子を買おう。

画像9

(茨城県高萩市)



2019年、夏。


出雲大社へ。ここへ来たのは何十年ぶりだろうか。空の雲たちも笑って迎えてくれた。

画像8

(島根県出雲市)



日本の夏は暑い。そして、青い。
山口県の角島大橋の向こうにクジラの形をした雲を見つけた。くじら雲って本当にあるんだな。

画像10

(山口県下関市)



山口県の南にある周防大島で一人の女の子と出会った。いろんな話をした。雨が降ってきたので、傘をさして通り雨の音を一緒に聴いた。とても穏やかな時間だった。

画像11

(山口県周防大島町)



高知県に来た。暑い。話には聞いていたが、今の日本はこんなにも暑いのか。
仁淀川という川を見つけた。見たことないくらい、水が綺麗なブルーだ。泳いでもいいかな?水着と浮き輪持ってきておいてよかった。

画像12

(高知県高岡郡)



時間を忘れて仁淀川を泳いでいたら、愛媛県まで来てしまった。我ながら自分の体力に驚く。みかん畑を見つけた。農家さんが搾りたてのみかんジュースをくれた。美味しい。優しさがしみるなぁ。空も笑ってる。

画像13

(愛媛県)



そういえば、今年の夏はよく雲と目が合う。築上郡の綱敷天満宮の近くで見た雲も、阿蘇の大観峰で見た雲も、みんなこっちを見て笑ってた。自然はいつも優しい。

画像30

(福岡県築上郡)



画像15

(熊本県阿蘇市)



西湯浦園地展望所の小道も美しかった。このまま歩いて行けば違う世界にたどり着けそうな気さえした。昼間の月も笑ってた。

画像16

(熊本県阿蘇市)



熊本城に着いた。熊本地震から3年半、復旧工事が進められていた。完全復旧には20年ちかくかかるそうだ。がまだせ、熊本。また会おう。

画像17

(熊本県熊本市)



そろそろ、戸畑祇園の季節か。親友も毎年参加してるらしいから、立ち寄ってみるか。ちょうど、お汐い汲み行事があっていた。小さな頃から祭りに参加してる人たちをみてると、なんだか絆で結ばれてるような気がして、ちょっと羨ましかった。

画像18



2019年、秋。


久留米でどでかい観音像を見つけた。成田山久留米分院というところだ。観音像の高さは62メートルもあるらしい。いてもたってもいられなくて、観音像めがけて飛んだ。(良い子は真似しちゃだめだぞ。)

画像19

(福岡県久留米市)



太宰府天満宮では七五三の御祝いをしてる家族がいた。話しかけたけど照れてたのか、目を合わせてくれなかった。抱っこしたら、泣いてしまった。ごめんね。七五三、おめでとう。

画像20

(福岡県太宰府市)



2019年、冬。


地元、福岡県北九州市に帰り着いた。北九州はご飯が美味い。美味しい店がありすぎて紹介しきれないが、いくつか記録に残しておこう。
まずは、ときわ食堂。うどん、ちゃんぽん、定食などなどメニューが豊富でどれを食べても美味い。お腹いっぱいで幸せな気持ちにしてくれる。

画像21

(北九州市小倉北区朝日ヶ丘9−1)



八幡西区のMAKES MOON(メイクスムーン)というお店もオススメしたい。料理も美味いし、オーナー夫妻の人柄も素敵。ここの手作りドレッシングは最高。こっそりカウンターの中に入って修行させてもらおうかなと企んでいる。

画像22

(北九州市八幡西区北九州市浅川学園台3−18−10)



メイクスムーンの近くに、THE ICHI GO NANA(イチ ゴ ナナ)というお店もあったな。こだわり野菜の美味しいお店。誕生日プレートに絵を描いてくれるらしい。お店の看板に旅人とてんとう虫のらくがきをしたのはまだ気づかれてないだろうか。

画像23

(北九州市若松区小敷ひびきの1−16−12)



あいカフェという店にふらりと立ち寄った。みんなに愛されてるの伝わってくるあったかいお店だった。自分でコンロでパンを焼きながら食べるYAKINセットってやつ、美味しくて楽しかったな。

画像26

(北九州市小倉北区下到津4ー1ー9)



遠賀川の河川敷を散歩するのが好きで昔はよく直方に行っていた。そういえば直方にも面白い店があった。夜の商店街の中にぼんやりと灯るBouton-ボタン-という店だ。二人の店主が変わり者で面白い。面白いのである。

画像24

(福岡県直方市殿町2−8)



平和な名前のお店を見つけた。スナックLOVE&PEACE。看板を見てるとガチャっとドアが開きママさんが招き入れてくれた。ママさんや他のお客さんたちと会話が弾んで楽しい時間だった。

画像25

(北九州市八幡東区中央2−6−5谷本ビルB1階)



ケーキやお茶が美味しい店もみつけた。
門司にある洋菓子工房ひなたのケーキはオーナーさんの人柄があらわれたような優しい味。二階はマリンバ教室らしい。素敵な音色が聞こえてきた。

画像27

(北九州市門司区大里本町2ー10ー12)



小倉南区に中国茶や世界のお茶が飲めるめずらしいお店もあった。凰茶堂(コウチャドウ)という店だ。店に一歩入ると別世界に旅に出たような気分にさせてくれる。

画像28

(北九州市小倉南区朽網西5−10−6)



珈琲屋も個性あふれるお店を見つけた。
今日は、POST COFFEEというところでコーヒーを飲んだ。一杯一杯丁寧に入れてくれるコーヒーは飲みやすくてとても美味しい。ちゃぽんと浸かりたいくらい。あとこの店の面白いところが、美容室の店舗内にあるということ。この美容室、amonも面白そうだったなぁ。

画像29

(北九州市小倉北区紺屋町1−1 1階)



そして、ここ。Oneness Coffee Brewers。「コーヒーも淹れるし、おしゃべりもする人 ツムラ シゲキ.」というオーナーがほんとそのままで、美味しいコーヒーと会話で楽しい時間を過ごさせてもらった。ありがとう。

画像30

(北九州市小倉北区黄金1−2−23)



2020年、春。


2020年4月現在、昨年と状況は一変した。
目に見えないものとの戦いはまだ続きそうだ。旅日記に書いた施設やお店も休業や営業時間短縮をしながら一生懸命戦っている。そのことを忘れないでいたい。どんな応援ができるかわからないが、まずは自分の出来ることから。
また、いつか必ずみんなに会いに行く。

                               タウ爺





※北九州のテイクアウト可能店舗をまとめたサイトです。ぼくも活用させていただいています。


最後までご覧いただきありがとうございました。
またいつか本当の個展でお会いできるのを楽しみにしています。
その日までどうかお元気で。


2020.4.22

詩太(うーた)


■Instagram
https://www.instagram.com/poet.uta/


今回の企画について

SNSのフォロワーさんに以下のように募集して、好きなところやお店の写真を送っていただきました。

【企画の詳細と想い】

◾️「旅するみんなの好きなところ展」

きっとみなさんにも好きな場所やお店ってありますよね。

こんな状況だから応援したい気持ちもあるけど、気軽にお店に行くこともできない...そんなもどかしい心情なんじゃないかなと思います。

足を運べないからこそ、今は「みんなに知ってもらう」「魅力を伝える」ことで好きな場所を応援しませんか?

みなさんのご参加をお待ちしています。




【参加方法】
※必ず最後までお読みください。

①あなたの好きな場所(お店、景色、施設など)の写真と情報をDMで送ってください。

※場所の名称、住所、ウェブサイトがあればURL、その他伝えたいこと(例:「テイクアウトやってます!」など)を写真を送る際に忘れずに記入してください🖋

※お店の場合は、外観でも好きなメニューの写真でもOKです。写真をSNSにアップしても大丈夫か、お店側にご確認をお願いします。


②送っていただいた画像に、詩太が旅人のらくがきをします。※サンプルをご覧ください。

その画像と場所の情報を一つの記事にまとめてオンライン個展としてアップ(4月21日にnoteでアップ予定)します。

送っていただいた写真にぼくがイラストを描きたして、架空の人物タウ爺の旅日記として一つにまとめたのが今回の「旅するみんなの好きなところ展。」です。

なかなか外出できない日々ですが、約30の風景の中をタウ爺と一緒に旅したような気持ちでご覧いただければ嬉しいです。

最後までご覧いただきありがとうございました。




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
詩太(ウータ)

ありがとうございます! もっともっともっともっと頑張ります!!!

詩太(ウータ)
■詩太(ウータ)/キムラシンゴ |詩人・画家|福岡県北九州市出身|1987年生まれ|「穏やかな時間」をテーマに、詩や絵や言葉の創作をおこなっています。| ■著書:「うたうずかんシリーズ 」「傘」「タウ爺の旅日記」◾️https://poet-uta.com