はじめてのTWSNMP FC
見出し画像

はじめてのTWSNMP FC

TWSNMP FCをインストールして使い始めるまでの説明です。TWSNMP FCはWindows/Mac OS/Linuxで動作するプログラムですが、一番オススメの環境はLinux上のDocker環境です。Docker版の場合は常に最新のバージョンを利用できます。リリース版として配布しているものはちょっと遅れることになります。WindowsやMac OSのDocker Desktop環境だとネットワーク環境の問題でARP監視やデバイスレポートに制限があります。

リリース版のダウンロード

TWSNMP FCのリリース版は、

で配布しています。最新のリリースからダウンロードしてください。

画像6

ダウンロードしたらHASH値を確認することをオススメします。
 Mac OS版はdmgファイル、Windows版はmsiファイル、Linux版はdebファイルのインストラーがあります。これらは署名してあります。ZIPファイルは署名なしの実行ファイルが実行ファイルが一つだけあります。お好きなフォルダに解凍してください。

Windows版の証明書インポート

Windows版をインストールする前にWindows版のインストラーや実行ファイルに署名した証明書をインポートしてください。復刻版TWSNMPマネージャをインストールする時に証明書をインポートした場合は同じ証明書なのでインポートの必要はありません。
証明書のファイルはhttps://lhx98.linkclub.jp/twise.co.jp/download/twsnmp.cer
からダウンロードできます。
ダウンロードしたものをダブルクリックすれば、

画像7

のようなダイアログが表示される場合がありますが、<開く>をクリックします。

画像8

<証明書のインストール>を実行します。

画像9

画像10

インポートの方法は、お好きなように選択してください。デフォルトでよいと思います。確認画面で<完了>をクリックすれば、

画像11

Windows版のインストール

twsnmpfc.msiをダブルクリックすると

画像12

のようなダイアログがでる場合があります。<実行>をクリックします。
心配ならダブルクリックする前にダウンロードしたファイルのHASH値を確認してたり、ウイルススキャンしてください。

画像13

インストーラーが起動します。使用許諾に同意するにチェックして<インストール>ボタンをクリックします。証明書をインポートしていれば、

画像14

のようなダイアログがでます。証明書をインポートしていないと色が違うダイアログになると思います。証明書をインポートしてください。
<はい>をクリックするとインストールを開始します。

画像15

インストールできたら<完了>をクリックしてください。
アンインストールは、コントロールパネルのプログラムのアンインストールまたは変更画面

画像16

からできます。

Mac OS版のインストール

ダウンロードしたtwsnmp.dmgファイルをダブルクリックすれば、

画像17

のような使用許諾が表示されます。<同意します>をクリックすれば、

画像18

のような画面が表示されます。twsnmpfcのフォルダをお好きな場所にコピしてください。

Linux版のインストール

DebianまたはUbuntuの場合は、aptコマンドでインストールできます。
Rasiberry  Piも同じ方法でできます。
まず、公開鍵をインポートしてください。root権限がsudoで実行してください。

#wget -O -  https://lhx98.linkclub.jp/twise.co.jp/download/twsnmp.gpg.key |  apt-key add -

OKと表示されたらインポートできています。

E: gnupg, gnupg2 and gnupg1 do not seem to be installed, but one of them is required for this operation

のようなエラーがでたら、

#apt-get update && apt-get install -y gnupg2

を実行してください。
/etc/apt/source.listに

deb https://lhx98.linkclub.jp/twise.co.jp/debian bulleseye main

の行を追加してください。

#apt update
#apt install twsnmpfc

を実行すればインストールできます。
他のディストリビューションのLinux環境ではzipファイルをダウンロードして
/opt/twsnmpfcなどに解凍してインストールしてk

Linux/Mac OS/Windowsでの起動方法

実行ファイルを解凍したフォルダでデータストア用のフォルダを作成して起動すれば、すぐ使えます。

>mkdir datastore
>twsnmpfc.app --local

パラメータに--localをつけるとループバックアドレスのポートだけをオープンして起動します。起動後にブラウザーの画面も自動で表示します。--localを付けないと他のパソコンからもアクセス可能な状態になるので注意してください。起動のパラメータは、

% ./twsnmpfc.app -h
Usage of ./twsnmpfc.app:
 -cpuprofile file
   	write cpu profile to file
 -datastore string
   	Path to Data Store directory (default "./datastore")
 -host string
   	Host Name for TLS Cert
 -ip string
   	IP Address for TLS Cert
 -local
   	Local only
 -memprofile file
   	write memory profile to file
 -password string
   	Master Password (default "twsnmpfc!")
 -ping string
   	ping mode icmp or udp
 -port string
   	port (default "8080")
 -restore string
   	Restore DB file name
 -tls
   	Use TLS

です。

WIndowsの場合はデフォルトで

C:\Program Files\TWSNMP FC\twsnmpfc.exe
にインストールされます。PATHなどを設定するかフルパスでコマンドを実行してください。
Linuxでパッケージからインストールした場合は、

/opt/twsnmpfc

にインストールされます。

-cpuprofile と-memprofile はデバック用なので開発しない人は気にしないでください。
-datastoreはデータを保存するディレクトリです。デフォルは"./datastore"です。-host と-ip はブラウザーからの接続をhttps(暗号化)にするためのサーバー証明書を作るための情報です。込み入った話なので別の記事に書きます。わからない場合は気にしないでください。
-localはTWSNMP FCを起動したパソコンからだけアクセス可能にしてブラウザーも自動で起動してくれます。
-passwordはTWSNMP FC内部で使用しているマスターキーのようなものです。同じ設定だと危ないので他のパソコンからもアクセスできるようにする場合は変えてください。
-portはブラウザーからアクセスするポート番号です。デフォルト "8080"です。
-tlsはhttpsでアクセスできるようにするための設定です。サーバー証明書が必要ですなければ自動生成します。この話も込み入っているので別の記事で書きます。
-pingはPINGのモードを指定します。icmpかudpを指定できます。

Linux環境でPINGのための設定

Dockerも含めてLinux環境でpingのモードをudpを指定した場合、以下のコマンドを実行しないとPINGが機能しません。v1.5.0以降のバージョンはデフォルトでpingモードをicmpにしたためこの指定は必要ありません。

$sudo sysctl -w net.ipv4.ping_group_range="0 65535"

Docker環境での起動方法

Docker環境では実行ファイルをダウンロードする必要はありません。Docker Hubで公開しています。

Linux環境でpingモードをudpで利用する時は、少し前に書いたPINGのための設定を実行しておいてください。
以下のコマンドでTWSNMP FCを起動できます。

$docker  volume create twsnmpfc 
$docker  run --rm -d --net host -v twsnmpfc:/datastore twsnmp/twsnmpfc

WindowsやMac OSのデスクトップ版Docker環境の場合は、

>docker  volume create twsnmpfc 
>docker  run  --rm -d --sysctl net.ipv4.ping_group_range="0 65535" -p 8080:8080 -v twsnmpfc:/datastore  twsnmp/twsnmpfc

のように起動します。この場合、ARP監視やデバイスレポートの動作に制限があります。

ブラウザーからアクセス


ブラウザーをから

http://<TWSNMP FCのIP>:8080/
※8080はデフォルトのポート番号、変更した場合は変えてください。

にアクセスすると

画像2

のような画面が表示されます。<ログイン>ボタンをクリックします。ログイン画面

画像3

が表示されます。ユーザーID、パスワードの初期値は、

ユーザーID:twsnmp
パスワード:twsnmp

です。ログインしたら空のマップが表示されます。
「システム設定」ー「マップ」メニューからマップ設定

画像4

を表示してマップ名、ユーザーID、パスワードを変更してください。その他マップ名などの必要な項目を変更してください。設定できたら
「自動発見」メニューから自動発見画面

画像5

で検索するアドレスの範囲を指定して<検索>ボタンをクリックしてください。完了すればマップ上にノードが表示されます。
※自動発見を実施するとパソコンにインストールしたセキュリティーソフトなどがポートスキャンを検知したという警告を表示する場合があるので検索する範囲は十分注意してください。

画像6

マップ上のアイコンをドラッグすれば移動できます。複数選択しての移動もできます。SHITキーを押しながら2つのノードを選択すればラインの接続もできます。自分の好みに合わせてマップを編集してみてください。

センサープログラムについて

Windows,Mac OS,Linuxのパッケージからインストールすると各種センサープログラムもインストールされます。
センサープログラムの説明は

を見てください。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
twsnmp

M1 ProのMac miniが発売されたらTWSNMPの開発のために買おうと思っています。そのための活用いたします。

有難き幸せ!
私は、TWSNMP Managerの開発者です。 20年以上前に作ったソフトを今も多くの人に使っていただけて幸せに思っています。 2019年末からGO言語でTWSNMPの復刻版を、 2021年の元日からさらに進化したDocker環境でも使えるTWSNMP FCを開発しています。