はじめてのTWSNMP(Raspberry Pi/Linux版)
見出し画像

はじめてのTWSNMP(Raspberry Pi/Linux版)

twsnmp

TWSNMPをRaspberry PiやLinux環境で使う方法の説明です。

ダウンロード

TWSNMPは、

からダウンロードします。ダウンロードするファイルは、

画像1

Raspberry Piの場合は、TwsnmpLinuxArm.zipです。Intel CPUのパソコン版Linuxの場合は、TwsnmpLinuxAMD64.zipです。

インストール

インストールは好きなディレクトリにファイルを解凍するだけです。

pi@raspberrypi:~ $ mkdir twsnmp
pi@raspberrypi:~ $ cd twsnmp/
pi@raspberrypi:~/twsnmp $ unzip ~/Downloads/TwsnmpLinuxArm.zip
Archive:  /home/pi/Downloads/TwsnmpLinuxArm.zip
 inflating: TWSNMP
pi@raspberrypi:~/twsnmp $

Linuxの設定

pingの実行とsysylogなどの受信のために次のようなコマンドでLinuxの設定を変更します。

pi@raspberrypi:~ $sudo sysctl -w net.ipv4.ping_group_range="0 65535"
pi@raspberrypi:~ $sudo setcap cap_net_bind_service+eip ~/twsnmp/TWSNMP

~/twsnmp/TWSNMPは、インストールしたファイルのPATHです。

TWSNMPを起動

ターミナルからコマンドを実行して起動します。他の方法でもよいです。

画像2

データベースを作成

画像3

<新規>ボタンをクリックします。

画像4

TWSNMPのデータベースのファイル名を入力して<保存>ボタンをクリックします。マップWindowが表示されます。

画像5

ここまで出来ればあとは、Windows版や Mac OS版と同じです。

自動発見する

マップ上のノードを配置したい位置を右クリックして、「自動発見」のメニューをクリックします。

画像6

自動発見のダイアログに条件を入力して開始します。

画像7

しばらくすると、マップにノードが表示されます。

画像8



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
twsnmp

M1 ProのMac miniが発売されたらTWSNMPの開発のために買おうと思っています。そのための活用いたします。

有難き幸せ!
twsnmp
私は、TWSNMP Managerの開発者です。 20年以上前に作ったソフトを今も多くの人に使っていただけて幸せに思っています。 2019年末からGO言語でTWSNMPの復刻版を、 2021年の元日からさらに進化したDocker環境でも使えるTWSNMP FCを開発しています。