見出し画像

はじめてのTWSNMP(Raspberry Pi/Linux版)

TWSNMPをRaspberry PiやLinux環境で使う方法の説明です。

ダウンロード

TWSNMPは、

からダウンロードします。ダウンロードするファイルは、

画像1

Raspberry Piの場合は、TwsnmpLinuxArm.zipです。Intel CPUのパソコン版Linuxの場合は、TwsnmpLinuxAMD64.zipです。

インストール

インストールは好きなディレクトリにファイルを解凍するだけです。

pi@raspberrypi:~ $ mkdir twsnmp
pi@raspberrypi:~ $ cd twsnmp/
pi@raspberrypi:~/twsnmp $ unzip ~/Downloads/TwsnmpLinuxArm.zip
Archive:  /home/pi/Downloads/TwsnmpLinuxArm.zip
 inflating: TWSNMP
pi@raspberrypi:~/twsnmp $

Linuxの設定

pingの実行とsysylogなどの受信のために次のようなコマンドでLinuxの設定を変更します。

pi@raspberrypi:~ $sudo sysctl -w net.ipv4.ping_group_range="0 65535"
pi@raspberrypi:~ $sudo setcap cap_net_bind_service+eip ~/twsnmp/TWSNMP

~/twsnmp/TWSNMPは、インストールしたファイルのPATHです。

TWSNMPを起動

ターミナルからコマンドを実行して起動します。他の方法でもよいです。

画像2

データベースを作成

画像3

<新規>ボタンをクリックします。

画像4

TWSNMPのデータベースのファイル名を入力して<保存>ボタンをクリックします。マップWindowが表示されます。

画像5

ここまで出来ればあとは、Windows版や Mac OS版と同じです。

自動発見する

マップ上のノードを配置したい位置を右クリックして、「自動発見」のメニューをクリックします。

画像6

自動発見のダイアログに条件を入力して開始します。

画像7

しばらくすると、マップにノードが表示されます。

画像8



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
有難き幸せ!
1
私は、TWSNMP Managerの開発者です。 20年以上前に作ったソフトを、今も多くの人に使っていただけて、幸せに思っています。 最近、新しい技術でTWSNMP Managerの復刻版の開発を行っています。 開発日誌やマニュアルをnoteに書いています。

こちらでもピックアップされています

TWSNMPの使い方
TWSNMPの使い方
  • 39本

TWSNMPのマニュアルをnoteを使って書いているマガジンです。noteを使えば、画像、動画、ファイル、ソースコード、文書をうまく組みわせて、楽しくマニュアルが書けるように思っています。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。