TWSNMP FC:忘れていたレポートの削除処理の追加とタイムスタンプの統一
見出し画像

TWSNMP FC:忘れていたレポートの削除処理の追加とタイムスタンプの統一

今朝は4時から開発開始です。
センサーの開発が一段落したのでTWSNMP FCの開発に戻りました。Bluetoothのレポートでランダムアドレスのデバイスが妙に増えていくことに気づいて調べているとレポートの古い項目を削除する処理に忘れている部分があることがわかりました。Windowsレポート以降に追加したレポートの削除処理が抜けていました。処理を追加してテストしてみるとBluetoothのデバイスだけうまく削除されません。よく見るとこのレポートのタイムスタンプが秒単位になっていました。他はnSec単位でした。Wifi APも秒単位になっていました。単位を統一することにしました。ついでに、削除処理の関数を書いているファイルの位置も整理しました。思ったより大規模な修正になりました。
今朝の作業は、

です。

Git HUBに問題の報告

があったのですが、すっかり見逃してました。すみません。
こちらでも調べてみます。
今日は、時間切れです。
明日に続く


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
twsnmp

頂いたサポートは開発用機材の購入に活用させていただきます。

有難き幸せ!
私は、TWSNMP Managerの開発者です。 20年以上前に作ったソフトを、今も多くの人に使っていただけて、幸せに思っています。 2019年末から新しい技術でTWSNMPの復刻版を開発しました。 2021年からコンテナ環境で使えるTWSNMP FCを開発しています。